イソ子さん

2017年6月16日(金) ブログ
attachment00_1186.jpg

梅雨時なのに ゼンゼン雨が降らず、紫陽花たちがチリチリかりかりしょぼくれています。

こんな風に国会が終わってしまって、私もそんな感じです(ノ_<)

でも まあ、しょぼくれてばかりもおられません。

何十年も国会を注視してこなかったのも私自身ですし、声を挙げてこなかったのも私自身なのですから文句を言わず、前へ進まないと(・Д・)

元気の種、もあるのです。

この季節にも素敵な作品がどんどん出来て来ていることも。
みんな、頑張ってくれていることも。

これはItさんの作品。

ル・メールさんの絵から、「動き」のある一つを選びました。

原画の品の良い雰囲気にぴったりな布が揃い、とても良い感じです。
もうすぐ完成(^。^)

それと…

すぐに人を好きになる私ですが、今はこの方(^^;;

東京新聞社会部記者の望月衣塑子さん。

6月8日の記者会見で官房長官に鋭く、しつこく迫り、「文科相の文書再調査」のきっかけを作ったお一人です。

いつもサラサラ〜と済んでしまう政治部記者との記者会見に慣れている視聴者には目や耳を疑うような場面でした。

facebookで拝見すると若くてとても可愛い方。
社会部の美貌のエース記者だそうで、【武器輸出大国ニッポンでいいのか】(あけび書房)等、著書もあります。
二児の母だそうです(^。^)

インタビューに答えておられます。
「(官房長官に質問するのは)とても怖かった」と…
ではなぜ?
事前に前川前事務次官や詩織さんにインタビューして、勇気を出して独りででも告発しようと言う覚悟に心を動かされたし、国民が感じている疑問をとにかくも伝えないといけないと思い、とおっしゃっていました。