起動せよ

2017年7月8日(土) ブログ
attachment00_1205.jpg

グリーンコーナーの隣はブルーコーナー。

ふっくらスカートやパフスリーブの少女の絵キルトと、先日ご紹介した白いヨーヨーキルトに囲まれたゴージャス絵キルト。

どちらも1ヶ月半で仕上げたとは思えない、とても丁寧な仕事に感服します。

ふっくら絵キルトを仕上げたのは凝り性のKさん。
ぴったりの布が無かったのでご自分で染められました。
少女だけでも時間がかかるのに周りの朝顔の蔓や花や蕾もしっかり見事に再現。

自分が目指した事を完遂する努力と気力にいつもこちらが襟を正す思いです。

ところで、お気づきの方はそんなにはおられないと思いますが、会場のあちこちに
「you’ve got to move!」
と書かれたカードが置いてあります。

これは 実はマイケルの超名曲[Man In The Mirror]の一節、というか歌詞の一部ではなく、最後のクライマックスの所でマイケルが発するアドリブの呼びかけ部分の1つ。

多数ある日本語訳の中でも特に正確を期す、れいの東大教授安富先生の訳を見ると
「あなたは起動せねばならない!」
となっています。

「起動する」
まるでパソコンみたい。
硬い和訳?

いえいえ、よく考えるとマイケルが呼びかけている事を一番正確に表してあると思います。

日常に浸かり、平穏無事にスリープしている心を
「起動しなさい(人のために。そして自分のために)」
と、いうことなんですね。

豪雨

2017年7月7日(金) ブログ

ニュースで流れる悲惨な画像を見て言葉を失います。
 
またまたこんな災害が…
 
ただただお見舞い申し上げます。

昨日から今日

2017年7月6日(木) ブログ
attachment00_1204.jpg

[私のカントリー]の撮影日の昨日。
朝からやっぱりザーザーの雨で。
大きな三脚やカメラ機材を運ぶカメラマンさんは大変だったと思いますが、暗い室内でも(照明は消されます)もちろん平気で撮影して行って下さり…

ベテランのライターさんと京都からの若い気さくなカメラマンさん。
順調に作業が進みました。

と、言っても私の心の中は少々パニック。

ちょっと前から少々は掃除したつもりが、ライター兼スタイリストのIさんが 実際に撮影するコーナーに選ばれるのは
(こ、ここ⁇:(;゙゚’ω゚’):)
って、思いもよらない所。

棚の上とか埃だらけ。・゜・(ノД`)・゜・。
もう、ホント、恥ずかしかったです。

それでも、3時半過ぎにコーヒーブレイクする頃には雨も上がり薄日が差すほどに。

庭で風を感じていただきながらお茶ができて 少しはこんな所まで来ていただいた甲斐があったかも、と思いました。

9月5日発売だそうです。
どんな風に映っていますか?
よかったら書店でパラパラしてみて下さい(^^;;

と、そんな呑気な事を言っているのは気が引けるほど、九州ではまたもや豪雨の被害。
本当に…
「あの帯状の雲がどこを通るかで…」
と、他人事ではない各地です。

ところで今日のコーナーは優しいグリーンっぽい色調の絵キルトと、いろいろなアイボリーのレースの端布を繋いだテーブルセンター。

モビール

2017年7月4日(火) ブログ
attachment00_1202.jpg

九州から右へ折れて…
直撃か?と心配しましたが ここら辺りは昼頃 強く雨が降っただけで おかげさまで台風っぽくなく過ごせました。

四国や和歌山はもっと大変だったことと思います。

夕方には青空も見えるくらいに回復して喜んでいたのもつかの間。
明日もやっぱり雨の1日みたいで…

なぜ、明日のお天気を心配するか?と言うと、実は明日は久しぶりに雑誌の取材があるのです。

5年ぶりの[私のカントリー]です。

白い花々はまだ咲いています。
東京からわざわざ来ていただくのにぜひ良いお天気で、と願っていましたがそうも行かず…
梅雨ですもンネ(ノ_<)

もちろんプロのカメラマンさん。
たとえお天気が悪かろうがうまく写して下さいます。

今、開催中の[リネン&レース展]も撮っていただけるのが何より嬉しい😆😊

どのコーナーかなあ?
このアングル??

そうなんです、今回の[リネン&レース展]にはモビールもあります。

オーガンジーとチュールとレースで作った木と周りを飛ぶ鳥。
作ったのはOkさんです。

キルトと違って初挑戦でしたから かなり大変だったと思いますが、飾るとほらこんなに綺麗^_^

今までにもいろいろお世話になった[私のカントリー]ですが、明日お見えになるライターさんもカメラマンさんも初めてのゆう風舎。

あー、やっぱり雨が少しでも止んでほしい…

多種多様

2017年7月3日(月) ブログ
attachment00_1201.jpg

顰蹙を買うこと覚悟で告白すると…
各地で行われる[○○キルトフェスティバル]とかデパートで催される[○○○子さんのキルト作品展]というのが苦手です。

その努力に対して本当に申し訳ないながら 見事であれば見事であるほど、なんだか(息が詰まる…)感が(^^;;(^^;;

それよりいろんな技法、いろんな作者、いろんなアイデアが躍ってた東急ハンズ主催の[ハンズ大賞]等が大好きでした。
もちろん キルトの出品作もあるのですよ。

鉄製品あり、木工品あり、大きな機械みたいなものあり、使えるもの、オブジェ、、なーんでもいいのです。
とにかく頭をひねった「オリジナル」であること、プロアマ問わない丁寧な仕事であること…
「手で考えよう」がコンセプトでした。
「大人の図工展」みたいな風情でニコニコしてしまうのです。

ところが、残念ながら長らく休止されたままです。
こんなところにも時代の息苦しさと、文化に対する貧困が現れているような…

前置きがメッチャ長くなりましたが ゆう風舎の作品展も多種多彩なアイテムが並んでいます。

これは 「陽射し」に映える作品、オーガンジーの窓飾りとレースの日傘です。

小花が風に舞うようにあちこちに散った真っ白なサークルレースの日傘は「日除け」という目的の実用品、としてはちょっと辛いものがありますが(^^;;でも日傘の持つロマンチックな夢は叶えてくれそう…

ブルーのオーガンジー2枚重ねにした絵キルトの窓飾りは 市川里美さんの絵をベースに。
大木に繁った葉っぱは リーフガーランド、ピコフラワーリボン、細いオーガンジーのリボンをフリル状にしたもの、グリーンのブレード、ビーズ等、いっぱいつけてありますよ。

夜、見ると又違って見えます(^。^)

西から東から

2017年7月2日(日) ブログ
attachment00_1200.jpg

いきなり真夏が来たような…
うだるような暑さにも関わらず、遠方からもお近くからも来ていただき、本当にありがとうございました。
 
特に今日は 、ご自分で縫われる?お母様に縫ってもらわれる?はたまたDabidiさんに縫ってもらわれる?お気に入りの布を選ばれる方でカオス状態(^^;;
 
他人のお洋服の話を聞いているだけで私も何か欲しいなあ、なんて思ってしまいました。
 
この紫のリネンも、紺色のデイジー模様のレース生地も人気です。

反応

2017年7月1日(土) ブログ
attachment00_1199.jpg

人によって「ウケる」ものは違うものです。

もちろんお客様それぞれで違うのですが、やはり一番興味をもたれるのはご自身も身につけられるもの、バッグとか洋服とか…。

それぞれのご家庭で活躍しそうな小窓カーテンやテーブルクロス^_^

手の込んだ絵キルトには「感心!」の眼差しを送って下さいます。

ところが、それで満足、できないサガなのが美術科系の私達の困ったところ(¬_¬)

(うーん。興味あんまり無いかなあ…)

でも、今日。

もうすぐ2歳の誕生日が来るSちゃんがその前で片手を上げてクルクル回ってくれたこと。

5歳のIちゃんがその場で目を輝かせながら息をのみ、固まってくれたこと。

それですっかり霧は晴れました(^^;;

扇風機やクーラーの風でフワフワ動いています(^^;;

ところでSちゃんのお母さん、ゆう風舎のキットを素敵にアレンジして下さってました。
マザーバッグとその中に布製絵本を持参して…。

しゅっぱーつ!

2017年6月30日(金) ブログ
attachment00_1198.jpg

夕方はなんだかピカっと晴れてきましたが、朝のうちはやっぱり雨の初日…

そんな足元の悪い中、駆けつけて下さったお客様たち、ありがとうございました。

この時を待って リネンやレースを買おうと来て下さる方もおられます。

お一人でいらっしゃったご婦人はなぜか涙目…
なんと、いつも連れ立って[リネン&レース展]に来て下さっていたお友達が急逝してしまわれたとのこと。
2人仲良く映られた写真を持参、
「連れてきました」と…

本当に実際の人生にはいろんな哀しみがつきものです。
なのでか?
いつもお嬢さんとお二人来て下さる奥様、
「夢をありがとう」
と、おっしゃって下さいました😢

さて、いつものように絵本図書館の重い扉をうんしょと開けていただいたところは「動き」と言っても「出発の動き」

「自分の行きたい(生きたい)所」に向かって出発進行!
車で、バスで、汽車で、はたまた自力のローラースケートで?

チェックのリネンの汽車はKoさんの、お孫さんへのプレゼント。

以前作った「ウールの汽車」の型紙を下敷きにしていただきましたが、縫い方、作り方の丁寧さがぜんぜん違います(^^;;

新しいキット、アップしました。

2017年6月29日(木) ブログ
attachment00_1197.jpg

普段は作らないもの、自分では着ないもの… 
そんな物を作るのもテーマのある作品展ならではですね。
 
私もバレエダンサーの世界なんて夢の又夢、ぜんぜん現実味がなかったのですが、白い厚紙とチュールでオブジェを作るのはとても楽しかったし(とは言っても私はちょびっと手伝っただけですが(^^;;)いつもの絵本図書館がちょっと違う雰囲気になっているのが「リネン&レース展」ならではです。
 
そんな中に華を添えてくれたのがTさんのバレリーナ。
 
針金の芯にクレイ粘土を付けていって作った身体に見事に縫われた Tさんお得意のミニドレスが着せてあります。
 
さすが!
そして去年、忙しい中を梅田阪急へ[ル・テアトル・ディオール]のミニドレス達を観に行ったTさんの成果ですね。
 
ところで、私にしては当然、小学校や中学校で体験したはず、と思っていた彫塑の授業。
何かのテーマの動きのために針金で人体様に芯を作り粘土で筋肉や関節を作っていく、ということを意外と皆んな、習っていないことにビックリ。
 
「絵を描くこと」と同じく「彫塑」もものすごく楽しいことですからどんどん子ども達にさせてあげたいと思いました。
 
さてさて、そんな作品やバッグやウェディングボードや洋服やクッションや諸々、いろいろ並ぶ[リネン&レース展]、いよいよ明日からです。
 
ケーキはもちろん『グレープフルーツのケーキ』を作りますよ!
 
おっと、それから小さなバレリーナの絵キルト作りました(^^;;
キットを今日、ネットショップにアップしましたのでぜひご覧ください。
[その他]のところですよ。

初登場

2017年6月27日(火) ブログ
attachment00_1196.jpg

まだ全部、作品は揃ってないのですが、できる所から少しずつ会場準備を始めています。
 
[リネン&レース展]への作品作りを始めるのは5月、[布と糸でつくる夢展]終了後まもなくです。
 
その頃からキットの新作やディスプレイ用品作り、そして楽しみな簡単なソーイングも始めます。
 
ところが今年はソーイングを諦め、何を作っていたか?と言うと…久しぶりの大きめ「マイケル」です。
 
なぜか?って言うと…
 
テーマが「Move」だからです(^^;;
「Move」の美しさに関しては この人の右に出る人はいないでしょう(^^;;
 
美しいダンス姿の写真は多し、といえども全身、しかも前回作った[BAD]以外で、と言うとなかなか無いのです。
 
なんとか選んだ一枚の写真。
「動き」と「動き」の間の一瞬でしょうか?
 
一応、リネンもレース(はチョッピリ)も使ってあるのですよ(^^;;
 
 

« 前ページへ次ページへ »