濃いめピンクの

2017年6月8日(木) ブログ
attachment00_1181.jpg

もし、私が今も学校の先生を続けていたら?どんなことになっていたかなあ?とときどき考えることがあります。
 
現場の諸々の事情も、後から後から若返る新卒の先生方の気質も 時代と共に変わっていくのは抗える事ではありません。
 
ただ、ただ純粋な子ども達に贈るポリシーとか信念とかは変わらないはずだと思ったり…。
 
大人が嘘をついては何も始まらないと思います。
 
そんな風にストレス溜まりまくりの「耳」とは裏腹に、布を触り、糸を選び、ビーズを探し…とても楽しい作業を繰り返せて、
(好きな物があってよかった)
と、つくづく思うのです。
 
 
こんなドールハウスを見たら ますますそう思います。
テンション上がります。
 
Tさん、忙しい合間をぬって、以前制作した【キッズ・ショップ】の色違いを完成させたのです。
彼女なりのワケあり、ですが。
 
今回は前のショップにいたキリンさんや木馬やキッズ・チェアーは無し。
小さな淑女のための可愛いドレスが中心です。
壁紙もドアも女の子らしい濃いめピンクが基調色。
 
丁寧に縫われたミニミニドレスにため息…
 
こんなの欲しいですよね〜。

ムラ染め

2017年6月6日(火) ブログ
attachment00_1180.jpg

とにかく凝り性のKさん。
 
本当に「服」を着ているように子どもを作るアップリケが出色です。
 
その代わり、制作途中はマチ針打ちまくり(^^;;
方針が決まって縫っていかれるまではハラハラします(^^;;
 
この女の子の服装も、ブラウスもスカートも布、2重使い、微妙な光を表すのが大変です。
 
モチーフを大きく表すには布選びもさらに熟慮(^^;;
 
ブルー基調の原画の雰囲気を出すために真っ白なレースを染めたり…
 
このレース、ボーダーレースだったので上側の何もない真っ白な部分は、なんとKさん、自分でムラ染めにしたそうな👀
(足や顔の布は市販のムラ染め布)
 
凝りまくりのKさんの、渾身の一作が月末には出来る予定^_^

新しいキット、アップしました

2017年6月5日(月) ブログ
attachment00_1179.jpg

なぜか、昔からスカラップが好きです。
 
洋服の裾でも、パッチワークキルトのボーダーでも、スカラップを施すと、なんだか愛らしく優しく、夢があるような…(^^;;
 
ワンディ・レッスンの課題に【Cafe’でひとやすみ】を作ろうと思った時に、カフェにつきもののオーニング。
パリの街角にあるようなオーニング。
(どの布で作ろうかな〜)と迷いました。
 
それで 決めたのがピンクの英字模様の布。
珍しいベビー用のUSAコットンで【みんなでみてるよ-ピンク-】というベビーキルト・キットに使っていたのですが、他の布が無くなってしまい、キット自体は廃番。
まだ少し残っていたのを大事に置いていたのを使うことに決定。
 
いつものように赤白や紺白のストライプ生地ならスカラップの部分は丸く裁ちっぱなしでしておくのですが、この英字柄だとなんだかキマリません。
 
そこで濃いめピンクの糸でミシン・スカラップをしてみると…
(可愛い💕💓)
 
(ウーム お客様によってはミシン使われない方もおられるだろうし…どうしよう??)
 
でも、一度(こうすると可愛い)と思ってしまった「こだわり」はどうすることもできません(^^;;
 
かくして私が一つ一つスカラップミシンをしてキットに入れることにしました(^^;;
 
これがやっぱり引っ張り具合とか難しくて…
 
ちょっぴり揃ってないスカラップでもお許しを…
 
と、言うわけで新しいアップリケ・キット、【Cafe’でひとやすみ】ネットショップにアップしました。
 
[夏]のカテゴリーのところ、ぜひご覧になって下さいね。

サークルレース

2017年6月4日(日) ブログ
attachment00_1178.jpg

Dabidiさんに 真っ白なサークルレースのブラウスを縫っていただきました。
 
今期やってきたコットンレースの中でも一番シンプルでパキッとしていて他のより洋服に向いてそうで…
 
さあさあ、写真を撮ってブログにアップしましょ、と思っていたら、夕方ご夫婦で見えた方が いち早く真っ白のサークルレースのブラウスを着ておられてビックリ👀❣️
 
あまりのタイミングについ、お写真をお願いしてしまいました(^^;;
 
お客様のは既製品だそうですが、七分袖の袖口と裾がクルンクルン、スカラップになっててとっても素敵。
 
お持ちのバッグもリバティで可愛い💕

「個」の大切さ

2017年6月3日(土) ブログ
attachment00_1177.jpg

マイケルは常に
「自分を信じて
自分の力を最大限磨く努力をして」
と、歌っていたし、
 
原子力学者の小出さんは
「原子力の問題は私が努力します。
皆さんは 皆さんの周りの問題に目を向けて、皆さんにしか出来ない方法で頑張って欲しいと思います」
と、常々仰います。
 
一方、日本画家の堀文子さんの著書【ひとりで生きる】の帯には
「群れない  慣れない  頼らない  これが私のモットーです」
と書いてあります。
「自由であるために、真剣に孤独と向き合う」のだ、と。
 
そして、人間としての「個」に帰る、「個」を大切にする、というのは落合恵子さんの本で学んだ気がします。
 
とても厳しく難しいことではありますが、流されそうになる時、ときどき噛みしめないといけない事だと思っています。
 
なーんて、難しく考えなくても、とりあえず作品も、できればその人の個性が出るように作ってほしいと願っています。
 
Okさんが【リネン&レース展】のために取り組んでいるのはレースを使った「モビール」です。
今は「鳥さん」を制作中。
 
オーガンジーの身体に透けた詰め物をして、羽根はレースで…
これまた超たのしみ(^^;;
 
ところで昨日、facebookに前川さんのホッコリエピソードが載っていたので友達にラインでシェアすると、
「わかった、前川さんは助平爺では無かった、
中略
それと、若者の貧困を心配やったら 男の子を世話した話が一つや二つ欲しいと思う…」
 
(^^;;(^^;;(^^;;(^^;;
 
前川さん、もちろん先生としてのボランティアでは男の子にも親身にしておられるのでしょうね。
 
 

アイボリーのレースで

2017年6月2日(金) ブログ
attachment00_1176.jpg

パキッと潔い真っ白なレースの魅力もさることながら、アイボリーというか生成りのレースの優しい雰囲気の魅力も永遠のものですね。

近頃は「アンティークレース」を思わせるような、繊細な、でも比較的安価なチュールレースもあります。

幅が20㎝あるこのレース、
(何にしようかな?)
と、迷いながら、とりあえず同じ色のリネンガーゼに合わせて小窓カーテンに…

優しい雰囲気を持ったTsさんもこのレースが大好き。

この間、何㎝か買って下さったのに
「まだ買いたい」
と…(^^;;(^^;;

お手持ちだったアイボリー色のレースを集めてクレイジーキルトのグラニーバッグを作るべく、試行錯誤中。

きっとTsさんにとてもお似合いの、ニュアンスのあるバッグになりそうです。

昨日は

2017年6月1日(木) ブログ
attachment00_1175.jpg

先日お邪魔したMさん宅の廊下がとても広く、ピカピカの大きな掃き出し窓から見える風雅な日本庭園、その向こうに見える田園風景も素敵で、思わず「雨が降っても素敵でしょうね」
と言うと、
「私、物凄く 好きです」
と、おっしゃっていましたが、いよいよ雨の季節、6月に入りました。
 
5月最後の日の昨日は 少し蒸し暑かったものの、照りすぎず、雨も落ちず、の日。
大丸神戸店でのワンディ・レッスンがありました。
 
新しい場所でのレッスン、
定員+2名の希望者の方全員がキャンセルなく参加して下さったこと。
 
その方達がやっぱりとても気持ちの良い方ばかりだったこと。
 
どの方も熱心に取り組んで下さったこと。
 
あ〜〜〜〜でもやっぱり私は反省、反省…。゚(゚´Д`゚)゚。
 
やっぱり難しいのです、私の作った課題作品…
 
ついつい、変なところでこだわったり、凝り過ぎてしまったり…
 
一番楽しんでほしかったワックスコードを使った「籐椅子作り」やレースやビーズやボタンを使った「ケーキ作り」には到底、到達できず…
 
申し訳なーい、気持ちでいっぱい(/ _ ; )
 
それでも皆さん、文句一つ仰らず、
「ありがとうございました!」
と笑顔で帰っていかれました。
 
「又、お会いできますように(^^;;」

「頑張って、お家で仕上げて下さいね(^^;;」
 
ハア〜〜もっともっと「簡単でカワイイもの」を追求しなくっちゃと私も宿題を持ち帰りです。
 
でも、もちろん楽しかったのですよ。
いつも、レッスンに参加する時間はないものの顔を見にわざわざ来て下さる方たち…
 
自らテーブルや椅子やアイロンを準備して下さったS店長(^^;;
 
そして、お一人 耳の不自由な方が参加下さっていたのですが、お別れしなに紙に
「アップリケの仕方がよくわかりました」
と、書いて下さったり、
 
約束通り参加して下さった出版ワークスのKさんが最後まで残って下さり、私が抱えていたゴミ袋(皆で飲んだドリンクの空き容器、大丸に残しておく訳にはいかず…)を
「近くですからいいです、いいです」
と、持ち帰って下さったのです。
 
社長夫人でもあるKさんの気さくな笑顔が一陣の爽風になって足を軽くしてくれました。
 
次に向かって又がんばろ(^。^)
 

アイアングッズ

2017年5月30日(火) ブログ
attachment00_1174.jpg

6月30日から始まる【リネン&レース展】に向けて 皆頑張っています。
 
手芸材料だけではなく、この時期、それなりの雑貨も少しずつ増えていきます。
 
去年はワイヤーにちょっとだけビーズをあしらった「星座」のオーナメントが人気。
それを購入したIさんはその時から
(来年のリネン&レース展には《星座》をモチーフにしよう!)
と決めておられたそうな(^^;;
 
さて、今日みつけた今年の新顔、ちょっと装飾的なワイヤーのトルソーとブリキ製?の屋台のビークル。
赤白ストライプのオーニングがついててコロンと丸っこくてとても可愛い💕
 
アイスクリーム屋さんかなあ?
こういうのに弱いです(^^;;

木漏れ日

2017年5月29日(月) ブログ
attachment00_1173.jpg

内外のいろんな憂鬱なニュース、
「嘘を言う大人」という子どもには見せたくないニュース…
 
スマホから流れるそんなのを聞きながら針を進めながらも、慰められるのは窓から見える木の葉の重なりでしょうか。
 
庭にも白い花がいっぱい咲き、紫陽花もそろそろ…
 
陽が強いだけに鬱蒼となってきた木の葉がよけい際立って 木漏れ日がなんとも綺麗です。
 
写真に、と思うのですが、スマホでパシャりとだけではなかなか感じが出ないものです。
 
絵で描くのも難しい…
 
でも、この初夏の光り溢れる自然を見事に捉え描く人…それがホリー・ホビーさんだと思います。
 
手前はホビーさんの、女性を描いたスケッチ。
上が【トゥートとパドル】の一場面。
 
葉っぱや花、衣服に映る光りと影が本当に見事に、しかも洋画独特の塗り重ねていく手法ではなく、「余白を塗り残す」という手法。
ホレボレ…
 

前川さん

2017年5月28日(日) ブログ
attachment00_1172.jpg

まだまだのこと、と思っていましたが、例によって月日は瞬く間に過ぎ、いよいよ今週水曜日が大丸でのワンディ・レッスンの日です。
今のところ、手芸用品売り場が前に比べかなり狭くなっているので ゆう風舎のアイテムもベビーキルトとあともう少ししか置いていません。

でもその日ばかりは店頭レッスンに使っておられるテーブル2つの上を臨時の「ゆう風舎アイテムコーナー」にして下さる由、今日、レッスン用のキットと共に荷出ししました。

来て下さる方にとっては前に比べるとちょっと不便かもしれません。
何せ、レッスンはアネックスの10階であるのでエレベーターで移動していただかなくては…

でも、店長のSさん、
「私が責任を持って皆さんをお連れします」
と、おっしゃってましたよ(^^;;

いつも来て下さるお顔が見れるのかな?
初めて来て下さる方もいらっしゃるかな?

しつけも、下絵写しも、ピースカットもしてある特別キットですが、それでもなんだか心配…
できるだけ完成に近づけるようにスタッフさんの手も借りてがんばりますね(^。^)

ところで話題の文科相前事務次官の前川さん。

今日、見たfacebookに篠原さんという方が書いておられました。

「退官後、
出会い系バーの報道はするけれど
ボランティア活動の報道はしない、読売最高新聞社!

前川さんは辞任後、二つの夜間中学校の先生、子どもの貧困・中退対策として土曜日に学習支援を行う団体の先生として、三つのボランティア活動をしている。最近、子どもたちに因数分解をわかりやすく教えるため、『とってもやさしい数学』という学習参考書も買った。」
どんなボランティアか?は詳しくここに載っています。

「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気

« 前ページへ次ページへ »