ステーショナリー・マニア

2022年9月20日(火) ブログ

秋の2人展。

K・KコンビのふんわりKさんはお習字の先生でもあり、大変なステーショナリー・マニアでもあります。

用紙もマスキング・テープもちっちゃな小物にも凝った手作りの封筒に美しい文字で書かれた物等はいただくと捨てられません。

何にでも時間を惜しまず 丁寧にきれいに施される習慣には感服する事多しです。

で、そのKさん、今日の清々しい晴れのお天気を選んで、作品の半分ほどを搬入されました。

あまりにもふっくら作ってある作品は重ねられないのでまだもう少しおうちに持っていていただきます😅

その中に3人のお子さんのために作られたウエディング・ボードがあったのですが、中に厚紙を入れて、立つように仕上げたボード、3つ共それぞれKさん手作りのりっぱな厚紙製バッグに入っていました。

もちろん、遠隔地での式を想定しての仕様ですが、さすがKさん、本当に丁寧に作ってあり、チョコちょこって素敵なシールも貼ってあったりして…

台風とイギリスと

2022年9月19日(月) ブログ

台風14号、皆様のお住まいの辺りは無事でしょうか。

こちらは暴風雨圏内とはいえ、おかげさまで今のところまあまあです。

とはいえお店は開店休業、遠くから来ていただいているスタッフさんにも休んでもらいました。

近隣の町では停電した所もあるらしいのですが、幸いこちらは大丈夫なので、今日は珍しくテレビ三昧です。

もちろんエリザベス女王にちなんだ番組です。

どちらにしても酷い災害にならず、台風行ってしまって下さい。

台風の前に

2022年9月18日(日) ブログ

今日は川西市のKさんが旦那さんの車で作品を搬入してくれる日。

台風が来そうだけど、今日ならまだ大丈夫。

でも、お客様は残念ながら無いかも…

と、思っていたら豈図らんや、次から次へと、と言うのはちょっと大袈裟ですが😅お客様がみえました。

懐かしいF一家も。

そしてかわいいYさん母子も😊

そっかー、せっかくの三連休、明日、明後日は余計に外出はままならないかも?ですものね。

皆さんに葡萄のケーキを楽しんでいただきました😊

それにしても 有名な「伊勢湾台風」とか「室戸台風」とかを超えるとも言われる14号。

もうこれ以上列島を(もちろんどの国も)痛めつけないでほしいです。

メアリーさんの布

2022年9月16日(金) ブログ

何の気無しにブログに

「白黒のプリントで可愛い絵柄ってあんまり無い…」

なんて書いてしまったので、気を遣って東京のVさんが

「こんなの使えますか?」

って生地を送って下さいました。

その中に白地に黒い線で描かれた女の子や鳥や花達のプリント。

アメリカのイラストレーター、メアリー・エンゲルブライトさんという方の絵なのですね。

メアリーさんの布はいわゆるUSAコットンなので 大阪の日本紐釦さんでも販売しておられますが、ちょっとシツコイ感じ、こんなアッサリ、可愛い柄は見たことありませんでした。

今回のキルトは広幅のリネン地いっぱいいっぱいの大きさにしてしまったので、まだまだ沢山の「本」を作らなければいけないのですが、すっかりモチベーションが上がり、

(どこに使おうかな?)

楽しみになりました😊

時の人も…

2022年9月15日(木) ブログ

白黒の本のアップリケ、少しずつ作っています。

2冊目のマイケルの本も完成。

これはマイケル自身の書いた、とても含蓄のある、哲学的な詩や寓話やエッセイの詰まった特別の本。

英語なので買った当時は辞書を引き引き、鉛筆で書き込んだりして一生懸命、読んだなぁ、と思い出します。

でも今やネット上に 美しく翻訳して下さってる日本語訳があるのでよく解ります😅

絵本っぽく可愛い絵柄の本も沢山作りたいのですが、やっぱりエリザベス女王の表紙も頑張ってみようっと。

処女作

2022年9月13日(火) ブログ

あっという間に時は経ちますからうかうかしていられません。

10月6日から開催の2人展のお二人と、今日は入念な打ち合わせ。

展示計画担当のつれあいは 毎日パソコン上で作品の写真を

(あーでもない、こーでもない…)

と、動かしてはより良い展示を探っていますが、やはり一番大事な事はお二人が

(こんな展覧会にしたい)

ということなので いろいろ話を聞いていました。

特に

(なぜ、絵キルトをしようと思い始めたか?)や、初めてゆう風舎に来てくれた時の話など、懐かしく面白く伺いました。

お二人は絵キルトを始められてから9年、10年と経ちましたので、今の作品は一目でどなたのか解るくらいですが、そんなお二人の一番最初に作られた、いわゆる「処女作」はこれなんですよ。

可愛くって 素朴な感じがまたいいですね。

嬉しいこと

2022年9月12日(月) ブログ

季節到来、ではありますが、まだまだ9月の下旬か10月から、と思っていた[葡萄のケーキ]、偶然、美味しそうな葡萄をいただく事が重なり、

(それでは)と作ったところ、あまりにも皆さんに喜んでいただいたようで、(じゃあ)と、頑張って剥き続けようと思います。

10月になって

「飽きた」

なんて言わないで下さいね😅💦

そんな皆さんの言葉も嬉しかったのですが、今日は思いがけなく、ちょっと嬉しいお知らせがありました。

もう何年も前、2014年に発刊された、[同図案で1色と数色使いカンタン❗️ワンポイント刺しゅう500](E&Gクリエイツ、朝日新聞出版)という本に私の図案も21個ほど載っているのですが、その中の「きりん」が、なんと読者人気投票の第2位になったとお知らせ下さいました。

けっこう地味な本?で本屋さんでも並んでいるのをあまり見かけませんが、こう聞くと心の中でルンルン🎶

めっちゃ嬉しいです。

なんだか

「完全保存リクエスト版 生き物刺しゅう大全集(仮)」という、過去の人気の高かった作品のみを集めた再編集本の企画を考えて

おられるらしく、とっても楽しみです^_^

Sちゃんのレッスンバッグ

2022年9月10日(土) ブログ

北海道のご両親の元へなかなか帰れなかったNさん。

今年の夏、やっと何年かぶりに帰省。

成長した孫のSちゃんと会えてお二人もさぞかし喜ばれた事と思います。

そんなNさん一家が北海道土産と出来上がったレッスンバッグを持って ゆう風舎に来てくれました。

「通学風景をアップリケしてほしい」

というSちゃんのリクエストに応えて下絵を手伝ったのですが、さすが昔から丁寧に縫うNさん。

プリーツスカートもテーラードの襟もネクタイも綺麗に仕上がっていて(さすが❣️)って思いました。

手をつないで登校するのは仲良しの○○ちゃんです。

この2人の夏服バージョンもあるのですが、これはこれから制作開始、だそうですよ。

パディントンと…

2022年9月9日(金) ブログ

あー、とうとうエリザベス女王が亡くなってしまいました。

いろんな事があったとは思いますが、全てを包んで、

「品格のある、イギリス国民のお母さん」

と 私には見えました。

そのときどきのファッションも素敵でした。

特に晩年は 真っ白の髪に鮮やかな色の洋服とお揃えの帽子が印象的。

それにも(遠くからでも見えるように)という配慮があったのですね。

驚きなのは亡くなる二日前なのにグレーのカーディガン、チェックのスカートに黒いローファーというトラディショナルな装いで新首相のトラス氏をにこやかに迎えておられたこと。

さすがです。

そしてプラチナ・ジュビリーの際には クマのパディントンとユーモア溢れる共演を果たし…

この方の国葬には多いに納得です。

下がき

2022年9月6日(火) ブログ

台風通過中。

かなり遠い所なのにヒューヒュー風が酷いです。

九州とか又大きな被害がなければいいのですが…

そんな訳でさすがに今日は誰もいらっしゃらず、頑張って出勤してくれたスタッフさんも早めに帰っていただくことにしました。

その前にちょっとだけ、Oさんの次回作の下描きにおつきあい。

たくさんの人がいる楽しい風景が好きなOさん。

今回は帆船に乗っている子ども達に決定したのですよ。

帆船のモデルはあるものの、どうも船とか自転車とかのスケッチには尻込みするOさん。

そこで優しい旦那さん、Rちゃんの登場です。

(ウワァ、Rちゃんの話題は何年も前、私のPCを直してもらっていた、以来でーす)

「これ、かくの?…」

と、驚き?呆れ?の言葉を発しながらも お休みの日に描いてくれました。

それにペン入れをして…

これから大きく引き伸ばしまーす😉

« 前ページへ次ページへ »