早めに

2019年4月11日(木) ブログ
attachment00_1710.jpg

作品作りの進め方にも人それぞれ 特徴があって… 
提出間際にならないとお尻に火がつかない方。
 
いつどんな邪魔が入るか?心配なので、先、先、進めておかれる方。
 
コツコツ、コンスタントにマイペース、ちょうどいい具合に提出日を迎える方…
 
Itさんの場合は2番目と3番目をミックスした感じかな?毎年…
 
でも今年はそれがとても功を奏しました。
 
旦那様の転勤に伴う引越し準備に追われていた日々がちょっと一段落したこの月曜日。
お姑さんが83歳でご逝去されました。
 
いろいろ落ち着かない日々。
 
でも[布と糸でつくる夢展]に出品する作品は もう裏地も付け終わり、完成していました。
 
真っ白なリネン地に リバティの黒無地ローンといろいろなタナ・ローンを駆使した[イップとヤネケ]の世界。
 
135センチ×135センチの大作です。
1つ1つの場面の楽しい小物表現を真近で観ていただきたい作品です。

シュッとしてきました

2019年4月9日(火) ブログ
attachment00_1709.jpg

帽子にリュック、いっちょ前のカッコをした小さな小さなのがヨチヨチ歩いているのを発見。 
後ろをついてゆっくり歩いているのは…
あー、やっぱりそう、Yさん😊
 
麗らかな春に誘われてはるちゃんがやって来てくれました。
 
小柄なママが、ちょっと気の毒なくらいに大きい赤ちゃんだったはるちゃんが、すっかり女の子らしく、シュッとした感じになってきましたよ😅
 
低〜い位置から見る、花やドングリやちょうちょに反応してくれて、ドンドン歩いて行きます。
 
はるちゃんはもう何ヶ月かしたら、「お姉ちゃん」になるのです😊

新入荷

2019年4月8日(月) ブログ
attachment00_1708.jpg

少しだけですが新顔の布が到着しました。 
国産メーカーのコットンプリントととUSAコットンと。
 
そして一番手前に横たわっているのは「acufactum」というドイツの生地です。
 
以前から見かけていたのですが、コットンにしてはとても高価なので二の足を踏み、ブルーとピンク系の2種類の織りテープだけ買っていたのです。
 
それでやっと布も少しだけ買ってみました。
 
野の花や花の精の少女が柔らかい中間色で とても繊細に描かれています。
 
「acufactum」は刺繍、図案集、テキスタイル、リボンなどトータルデザインを手がけるドイツのメーカーなのだそうです。
 
どれも可愛い💕

立って…

2019年4月7日(日) ブログ
attachment00_1707.jpg

おかげさまで もうすっかり抜けましたので 元気元気なのですが、ここ2、3日肩こり→頭痛で困りました。 
そうなると胃腸の調子もなんか変。
 
(そうだ!)
立って縫い物をしたらどうだろう?と考えつきました。
 
以前にテレビで、オフィス作業等も座りっぱなしよりも立って行う方が身体にはいいのだ、というのを観たような。
 
そこで出して来たのは 母が昔、洋裁や和裁をしていた折りたたみ式の机です。
 
これをいつものテーブルの上に置いて、立って縫うと 胃も押さえつけられず、なかなかイイ感じ😅
 
母がつけた、たくさんのおへらやルーレットの筋を見ながら
(私はおへらやルーレットが苦手だったなあ)
等々、思いがけず懐かしさに出会えた作業です。
 
ま、立ったり、座ったり…
チクチクとやりますよ😅

ポピュラーな物語

2019年4月6日(土) ブログ
attachment00_1706.jpg

作品展一カ月前を切りましたから お客様にもフライを持って帰っていただいたり PRを始めましたが、でも、今の絵本図書館内もとっても素敵なのですよ。
今日も春休みの小学生のお嬢さん。
お母さんに連れられていらして、絵本図書館のドアを開けた瞬間、
「うわぁー、たくさん!」
と声をあげて下さって😊

[しかけで誘う物語絵本展]
入っていただいた、すぐの所には有名なお話、白雪姫の段や、シンデレラの段、ピノキオやピーターパン…

一番種類が多いのは[シンデレラ]でしょうか?
しかけ絵本を加えると10種類以上はあります。

若者達はきっとディズニーやミュージカルで。
今の子ども達はどうだろう?

古典はやはりずっと残し続けて行きたい価値があると思います。

そして、自分の手でページをめくる、あの楽しさも…

案内ハガキ

2019年4月5日(金) ブログ
attachment00_1705.jpg

今年のハガキはNさんの「くまのがっこう」と、Hさんの[A Child’s Book of Poems]。 
私たちのような商売をしてると郵便料金値上がりはなんともツライ😓
 
ホームページを見て下さっている方には甘えるかも…m(_ _)m

バスが行く

2019年4月4日(木) ブログ
attachment00_1704.jpg

この作品の原画は ご存知、原田泰治さん。 
懐かしい昭和の絵。
昭和の風景…
 
ただし、Koさん、自分の好みに少しアレンジされましたよ。
 
黒い屋根瓦の日本家屋を洋風のおうちに。
これからアップリケされる手前の人物は犬と女の子に。
 
懐かしい形のバスはそのままです。
ブルーのラインのボンネットバス😊
 
とにかく原田さん描く、堂々とした樹木の表現が大変でした。
 
ブルーグレーのプリントを、葉っぱの集まったような複雑な形に切り抜いてたくさん縫い付けてあります。
 
雲も布を重ねて表現。
 
まだもう少し時間がかかりそうですが、仕上がりがとても楽しみです。
 
 
Notice
 
To dear Holly,
 
Thank you for your inquiry.
I replied immediately, but an email was sent back.
I would like again with the address that can be reached.

いろんなリンゴ

2019年4月2日(火) ブログ
attachment00_1702.jpg

アンゲーリカ・カウフマンさんが描いた[リンゴの木] 
Ikさんの作品ももうすぐ完成間近です。
 
作品の中には7本の果樹が立っているのだけど、この写真は右半分。
主役のリンゴの木です。
 
プラム、洋梨、と果実がなっていても、このリンゴが一番大変だったよう。
 
まずドットが重なったような葉っぱをつけてから たくさん生ったリンゴを…
 
単調にならないように、いろんな素材のリンゴなのですよ。
 
フェルトに彩色したもの、原毛ボールを割った?もの、そして[ロロ]で買ってきた可愛い赤いボタン…
 
それでは済みません。
樹の下には5匹のハリネズミ🦔さんが歩いていて落ちたリンゴが針に引っかかってる?
 
かなり時間がかかりましたが 見事、やり遂げられましたよ😊
 

帯無しバージョン

2019年3月31日(日) ブログ
attachment00_1701.jpg

さて、先日紹介させていただいた、[いかにしてアーサー王は日本で受容されカルチャー界に君臨したかー変容する中世騎士道物語ー]
(長っ!略して「いかアサ」だそうです)
 
ゆう風舎でもお売りしています。
3冊並んだ本、実は中身は同じ、山田南平氏が描いた表紙が3種類あるのです。
 
左から「ランスロット版」「ガウェイン版」(並べると続くようになっています)、そしてアーサー王とグィネヴィア姫。
 
あの長いタイトルは帯に大きく書かれていて、帯を外すとこんな風に絵が現れるというわけです😅
 
考えに考えた表紙だそうです。
 
いつも良本をたくさん貸して下さるIさんに 一冊進呈しましたが、もうその日に主要なとこは読んで下さり、もう一回ゆっくり読む、とのこと。
 
そして甥と同年代でやはり海外ドラマ[マーリン]のファンだった息子さんと夕食時、盛り上がって下さったそうです。
 
沢山の縫い物を抱え、ドライアイに苦しめられながら 日々ちょっとした読書時間しか取れない私は 残念ながらまだです。
 
今読んでいる本はお借りしたものなのでそれを読んでからゆっくり楽しもうと思っています。
 
カズオ・イシグロさんは何て書いておられるんだろう?

絵キルト絵本の続き

2019年3月30日(土) ブログ
attachment00_1700.jpg

お母さんパンダがたくさんのおにぎりを抱えて…?って、違います。
これはたくさんの赤ちゃんパンダ。
まだ目がついてないからですよ😅
 
昨年の[布と糸でつくる夢展]でもお目見えしたKoさんの絵キルト。
コロボックル(タチモトミチコ)さんの[おひさまプリン]を大きな布絵本にしようと奮闘中。
 
始めの計画より、
「やっぱり横に開くより、ポコっと縦にめくる方が…?」
「やっぱり、この場面も無いと筋がわかりにくい?」
作るページが多くなってきました。
 
今年は完成して本の形になるかな?と思っていたので
「スミマセ〜ン!間に合いそうにないです…」
と申し訳なさそうにおっしゃいます。
 
いいんです、いいんです、いつまでかかっても、Koさんの納得のいくものにしていただければ。
 
ただ、孫のkちゃんがどんどん大きくなるのでやや心配ですが、でもこのお話、この絵ならまだまだ楽しめそうです。

« 前ページへ次ページへ »