孔雀と象

2019年6月13日(木) ブログ
attachment00_1762.jpg

周りに洋裁や手芸をする知人が多いKoさん。 
端切れを貰うことがよくあるそうです。
 
綺麗なレース。
ひも類。
ビーズ類。
 
何か作る時、
(これらを利用して…)
と思われるのは当然です。
 
今回の[リネン&レース展]に孔雀と象を思いつかれました。
特に 孔雀の羽根にピッタリのレースがあったからです。
 
優雅な独特の羽根があっという間に😅
胴体に使われた金蘭は、お嬢さんがドレスを作る仕事をされていた時に譲り受けた端切れだそうです。
 
象さんは大きな身体がレースのクレイジーキルトに向きますね。
 
「大人のレースの絵キルト」という感じで、楽しみです。

リネンのクマさん

2019年6月11日(火) ブログ
attachment00_1761.jpg

やっぱり素材の魅力が創作意欲を刺激します。 
「リネンとレース」と限定することがかえって楽しい、に結びつくことがあります。
 
もちろん、脇役にはシーチングもリバティもOKですが やっぱり主役はリネン。レース。
 
動物好きのIkさんが取り組んでいるのはポストカードを大きくした4匹の動物。
主要な部分はリネンで作ります。
 
一番大きいクマさんは 今年入荷したばかりのリネンプリント。
 
ミドルグレーの地にアイボリーで草花の線描が一面に。
 
どなたかのワンピースになればいいなあ、と仕入れましたが、こんなクマさんにするととってもシックで可愛さが引き立ちます😊
 
他の動物も乞うご期待。

写真撮影

2019年6月10日(月) ブログ
attachment00_1760.jpg

遅まきながら、[小さなバレリーナ]…〈アップリケ・パーツ〉リニューアルの[海へいきました]…〈夏〉、キット、ネットショップにアップしました。
またご覧下さいね。
 
今日は朝から[リネン&レース展]の案内ハガキ用の写真撮影。
 
と、言ってもスタジオがあるわけでもなく、ちゃんとした照明があるわけでもなく…大変です😱
 
キッチンの椅子をどけ、物を隅に追いやり、作品とレースを広げます。
 
目で見たままだとなかなか綺麗なのですが、なかなかそんな感じには写りません。
 
何枚も何枚も撮って…時間かかっていました😅
 
午後2時頃、終了です。

野の花、完成

2019年6月9日(日) ブログ
attachment00_1759.jpg

花嫁さんの足もとに咲く花たち、出来ました。 
レースの葉っぱ模様を切り抜いて置いたものに、以前からインプットされていたお気に入りの写真の花をアレンジしてみました。
 
エンブロイダリーレース、ワックスコード、ビーズの花たち。
あ、刺繍もほんの少し、しましたよ。
 
レースは全て真っ白のレースなので、絵の具で塗ったり、絵の具に浸けて染めたり、ファブリック・マーカーで塗ったり。
 
チクチク、丁寧にキルトするのも素晴らしいことだけど、特に春の作品展からあまり日の取れない[リネン&レース展]には、レースの素材感や完成度にとても助けられます。
大胆に使う楽しさも味わえます。

彩色

2019年6月8日(土) ブログ
attachment00_1758.jpg

今回の花嫁さんは豪華なレースのドレスは着ていないのです。 
シンプルな麻のドレスに透けたブラウス。
 
そして草原に立っている、という想定です。
 
なのでスカートの裾部分は地面から生えている野の花を🌼刺繍する予定でした。
 
(ウーム、かなり大きい刺繍…。ごまかし効かないし、けっこう時間かかるし、クルクル土台を回しながら刺していくとクシャクシャになるだろうな…)
と、かなり気が重かったのですが…
 
なんだか素晴らしいレースがありました😀
真っ白だけれど茎や葉の大きさ、ピッタリ。
チュールの上に機械で刺繍されたものだけど、
(これを切り取って貼ろう💡❣️)
 
白いままでも綺麗ですが、ここは自然派、野の花の色に絵の具を塗ることにしました。
これまた、楽しい😅

花と葉っぱのレース

2019年6月7日(金) ブログ
attachment00_1757.jpg

私の今年の[リネン&レース展]の作品は「ちょっとボヘミアンな?花嫁さん」😅 
ミュシャのさまざまなポスター絵を見ながら思いついたのでしたが、実際に始めると ミュシャとはぜんぜん成りません。
彼の深さ、鋭さ、構築力にはカケラにも及ばず、ただただいつもの私の「お嫁さん」です😰
 
ただし、とっても楽しい💕😆
 
最近は細かい人物ばかり縫っていたのでこんな大きさは新鮮。
一気に土台作りは完成しましたよ。
 
そうです、これからが本番。
 
できるだけ、自然な草花で飾られたお嫁さんにするためにレースやリボンを選びます。
 
こういうワクワクがある限り、私は元気でいられるんだなぁ、と思います。

青い花のマット

2019年6月6日(木) ブログ
attachment00_1756.jpg

とても綺麗なマットが出来上がりました。 
Itさんの制作です。
 
真っ白なリネンの上に青い花を刺繍、アップリケ、ビーズ刺繍で丁寧に刺してあります。
 
最近は東京とたつのを行ったり来たりのItさん。
[リネン&レース展]の作品を律儀に間に合わすために 今回は得意の絵キルトを封印。
気軽に取り組める刺繍作品にされました。
ちょっと東欧風の花刺繍😅
 
今回の出品作品、第1号です😊

パステルカラーのリネン

2019年6月4日(火) ブログ
attachment00_1755.jpg

Oさんの「リネンとレースの」ボヘミアン。 
3頭の馬が人を乗せて旅をしています。
 
原画はOさんの大好きなメアリー・ブレアさんの絵。
 
ホワーンとした色のふっくら馬さんが超カワイイ💕
 
このステキな色の3頭の馬の布は案外早く決まったのです。
 
ネイビーグレーみたいなブルーのリネンと、グリーンがかったブルーのリネン。
無くって困っていた真ん中の藤色のリネンはTさんが助け船を出してくれました。
 
「もう要らなくなったから」
と、ご自身のスカーフをチョッキリ✂️👀
 
おかげさまで、とっても良い色の馬さんが並びハーモニーバッチリです。
 
それだけに、原画ではけっこうビビッドな色合いの、人の衣装や運んでいる荷物の布選びに Oさん、メチャ悩んでおられましたよ。
 
でも、探せばけっこうパステルカラーっぽいストライプのリネンとかあるものなんですね。

雨粒、雨粒…

2019年6月3日(月) ブログ
attachment00_1754.jpg

春用の作品をひっこめ、夏用の作品をひっぱり出して来て… 
夏用、というより「今から」の季節の作品。
 
毎年毎年思います。
緑の風が爽やかな5月が大好きなのですが、しっとりと水々しく、白い花や紫の花が咲き誇る6月も大好きです。
 
6月は追悼の月でもあり…
 
母、マイケル、ちくちく仲間だったNさん…
花と共に思い出すのもなかなか…
 
新しいレースやリネンやキットはまだですが、この季節の絵キルト中心に壁にディスプレイ。
 
と、その前にスタッフさんに頼んで布のカラーコピーを切り抜いていろんなブルーの雨粒を作ってもらいました。
 
アトリエにかけてある、コロボックルさんのカレンダー、6月の絵を見て💡💧決まり!
 
ペタペタ壁に貼ってその上にキラキラレースをたらり。
 
こんな雨がいいです。
集中豪雨はカンベン願います。

ボヘミアン調の

2019年6月2日(日) ブログ
attachment00_1753.jpg

いよいよ6月に突入。 
ワンディ・レッスンも終わり、昨日の村の大草刈りも終わり、いよいよ[リネン&レース展]に向けていろいろ作りますよ〜!
 
[布と糸でつくる夢展]とは違って[リネン…]は毎回、「テーマ」があるのです。
 
そのことが定着してきて、作品を作って下さる皆さんも
「今年のテーマは何ですか?」
と、早くから聞いて下さいます😅
 
「エ〜‼️」
と、捉えにくいテーマに頭を悩ませなければならないので 皆さん、戦々恐々、です😅
 
一昨年は「ムーブ」
去年は「シンフォニー」
 
今年はますます皆さんを悩ませる…
「ボヘミアン」です😆😓
 
さあて、「ボヘミアン」の語源は?
歴史は?特徴は?
と、連れ合いはいろいろ研究しつつありますが、あまり深刻に考えると浮かぶアイデアも沈んでしまうし、手も動きません。
 
とりあえず、毎年 夏には人気の出る「ボヘミアン・ファッション」に取り組もうかな?と 今日はDabidiさんにチクチクお願いしました。
 
もうずいぶん前に購入した既成のワンピース(よくこんなの着ようと思ったなあ😱)、安価だったわりに胸元の刺繍が凝っています。
あとはただ白いコットンなので、その上にいっぱいレースをつけていくと…?
 
展示できるような「ボヘミアン調ワンピース?」ができるかな。
まだ途中です😅

« 前ページへ次ページへ »