風景に込めて

2021年2月18日(木) ブログ
attachment00_2229.jpg

昨日、幼馴染から久しぶりのメールがあったのですが、悲しい知らせでした。 
私もよく知っているお姉さんが病気で亡くなったとのこと…。
 
苔寺の近くで育った、本当に京都らしいはんなりした優しいお姉さんでした。
 
電話でいろいろ聞いてみるとやはりいろんな心痛もあったみたいで…
身体に及ぼす影響は小さくなかったことと感じました。
 
ところでお馴染みのIさんも様々な身内のご不幸を経験されても いつも明るく前向きに過ごしておられます。
長引くコロナ禍の中、「お料理教室」というお仕事は辞めてしまわれましたが、それをチャンスと捉え、庭仕事、リメイク、凝ったお料理etc.と日々楽しんで取り組んでおられる姿はさすがです。
 
そして…
Iさんらしいキルト作品も健在。
「夕焼けを表したい」
と 言っておられたIさんの風景。
黒い樹木の合間に輝く空には やっぱり「希望」を感じました。

新入学ものです

2021年2月16日(火) ブログ
attachment00_2228.jpg

やっと、出来ました❗️ 
「ピッカピカの一年生」をテーマにしたアップリケモチーフ16枚を繋いだタピスリー。
 
白い麻地に出来るだけvividな色で構成しようと思いました。
 
生地の他に もちろんフェルトやワックスコードやビーズ、たくさん使い…
 
今、必死にキット作りしています。
めちゃ、大変です😰

ラブラブ

2021年2月15日(月) ブログ
attachment00_2227.jpg

「後、何回出来るかなぁ〜」と、おっしゃいますが 彼女はまだそんな歳ではありません。
私より年下ですから😅
 
明石のTさんから素敵な写真が送られてきました。
 
ピアノの先生ですが、なんでも凝ってされる方ですから この美味しそうで形の良いチョコレートケーキも手作りかな?と思いましたが、これはご近所のケーキ屋さんにオーダーされたものだそうです。
 
でも。
その横に写っているティーコゼーはまさしくTさん手作りです。
手前味噌ながらもう何十年前のうちのキットでした。
 
有輪さんから沢山のきれいなロマンチックな柄が出ていた当時。
大好きなプリントとホビーラホビーレのピンクのチェックとレースを合わせてクレイジーキルトにしたものです。
 
もう何年にもなるのに きれいなまま、今でも使って下さっていることに感激します。
 
毎年のバレンタインデー、こんなに豊かな時間を過ごしておられるのですね。
 
私は…[鬼滅の刃]の続編がテレビアニメとして放映されることが決定!
それを記念して[キメツ学園のバレンタイン編]が観られるのを喜んだりしていましたが…
 
東北の地震の事を考えるとシュン😔😰です。

グリーンのドレス

2021年2月13日(土) ブログ
attachment00_2226.jpg

Dabidiさんの新作、一つ出来上がり❣️ 
グリーンの豪華なレースのスカートがスペシャルなソワレです。
これは何分の一かな?ミニチュアのドレス。
 
何年か前に阪急梅田店で催された[ル・テアトル・ディオール]で展示されたミニチュアドレスを彷彿とさせます。
 
(Dabidiさんなら出来るに違いない…)
と目論んでいた私も心から拍手喝采👏
 
スカート部分は白いチュールにフリンジレースの一部や花型のレースを一つずつ縫い付けてあるのです。
もちろん、レースはほとんど白しかありませんから一つずつ、おうちにあったグワッシュでグリーンに塗ったそうです。
 
テレビやネット動画で見るパリのグランメゾンの職人さん達が取り組む、気の遠くなるようなパーツの縫い付け作業。
それをほんの少し体現されました。
 
その上、値打ちなのはこのドレスを着せられたボディもDabidiさんの手作り。
「ちょうどいいのがみつからなかったので…」
 
このボディ、もっとたくさん作られたのでまだまだ違うテイストのドレスがこれから見られそうですよ。
 
実はこの企画も去年の[布と糸でつくる夢展]を目指したものでした。
 
こんな素敵なミニチュアドレスやTさんのドールハウスのパン屋さんや 皆んなのキルト作品やブランケットや…
 
今年はきっと皆さんに観ていただけますように…🙏

ガトーショコラ

2021年2月12日(金) ブログ
attachment00_2225.jpg

好評だった[タルト・タタン](スタッフOさんは食べる度に『1ホール、イケます!』と、言ってくれます😅)小休止して、今日は[ガトーショコラ]を焼きました。 
バレンタインデーもさることながら、寒い間はチョコレートに惹かれます。
 
ゆう風舎の[ガトーショコラ]はかなり昔に知ったレシピ。
[LEE]創刊8周年記念保存版、と言いますからかなり古いでしょう?
パリで3年間、お菓子の修行をされた若き日の藤野真紀子さん監修の「パリで習ってきたお菓子」の中の[ガトーショコラ]
 
なので
「小麦粉ちょっとで卵たっぷり。チョコレート多め」
パリっ子は生焼けくらいが好みだそうです。
 
私のは普通くらいの焼き方、かな?
 
美味しいのですよ😅

Kotiさんへ

2021年2月11日(木) ブログ
attachment00_2224.jpg

本当に久しぶり… 
昨日は 隣町、たつの市のギャラリー[Koti]さんに行ってきました。
 
あのオシャレな白い空間でコーヒーとナペパンさんのサンドイッチと巣箱さんのケーキでランチしたい…
とずっと思ってきましたが、今はそれは叶いません。
もちろん、コロナ対策で、店内の飲食を控えておられます。
 
でも1ヶ月に一度ほど、ナペパンさんのパンと金森商店の焼き菓子が並ぶのです。
 
「予約しておきましょうか?」
と、Oさんが声をかけて下さいました。
 
ナペパンさんのパンは人気で予約しておかないと主要なものはなかなか手に入りません。
昨日も開店前から駐車場は満車😯
 
私がゲットしたのは
 
<ベーグル > 
・あんバター 
・メイプルナッツ
を1つずつ、
 
 ・蒸し鶏と根菜のごまぱんサンド 
・クロックムッシュ  
 
そして金森商店のマフィン2種類。
 
ごまぱんサンドもクロックムッシュも具材が豊富でたっぷりなのはもちろんのこと、パン自体がとても美味しかったです。
それはベーグルも同じこと。
味気ないベーグルにも出逢ったことあり、ですが ナペパンさんのベーグルはプリップリで味わい深く本当に美味しかったです。
マフィンは明日、いただきます。
 
久しぶりに拝見したらKotiさんの店内は相変わらずスッキリシンプルでオシャレ。
南京ハゼの枝を使ったナチュラルなモビールがよく映えます。
 
キッチンスペースとの仕切りは「アクリル板」ではなく、特注の立派なガラス製。
 
玄関スペースでは若い女性がセンスの良い花束を並べて売っておられました。
 
そんなスペースで接客してくれるオーナーのMさん、スタッフのOさん、ナペパンさんは相変わらずはんなり、優しくて、和ませて下さる…ホント貴重な「場」です。
都会では無い時間が流れているような…
 

ボタン、ぼたん、

2021年2月9日(火) ブログ
attachment00_2223.jpg

ポップでカラフルな絵柄が大好きなスタッフOさん。 
外国の絵本からいろいろ学んで来て、いよいよ最近は「自分なりのカラー」が出て来ましたよ。
 
そんなOさんは レアな手芸材料の持ち主でもあります。
 
ボタンのコレクションもそう。
今回の作品では いろんな所に大小様々、色とりどりのボタンが付けられています。
 
汽車や車のライト、車輪は丸いカラーボタン。
売店で売られているケーキやアイス、お客さんのテーブルの上のコカ・コーラまでボタンです。
 
ユザワヤや神戸の[ロロ]…
みつけた時に買っておくと いつか素晴らしい居場所を与えられるものですね。
 
ホント、そんなそぞろ歩きのショッピングがしたい!

綿ローン無地

2021年2月8日(月) ブログ
attachment00_2222.jpg

ローンの生地と言うと(涼しい夏服に使う…)
というイメージですが、実は絵キルトには欠かせない素材です。
 
細かいパーツを縫うのに シーティングではちょっとゴロっとして縫い代をたたみにくい…
と言うところでもローンだととても縫い易いのです。
 
もちろん最高なのはリバティの「プレーン・タナ・ローン」ですが、そう色数が揃わないのです。
 
そこで、あちこちから機会があれば探し出して仕入れて来て お店でカットクロスとして販売させてもらっている綿ローン無地も25色ほどになってきました。
 
あちこちから、ですから薄かったり、ちょい硬かったりいろいろですし、もちろんリバティのように、とは行きませんがなかなか重宝しています。
 
そんな綿ローン無地が活躍するFor Kidsパターン、もう3つ出来ました。
ふぅ😯💦

ストーリー・アクセ?

2021年2月7日(日) ブログ
attachment00_2221.jpg

レースやビーズを組み合わせてロマンチックな妖精やプリンセスをアップリケするKさんの作るアクセサリーも より細かくなってきましたよ。 
以前は可愛くお茶目な女の子の顔だけのモチーフがありましたが、今回はゴージャスなドレスも全部。
 
上のは「シンデレラ」ですよね。
物語のあるアクセサリー😊
 
「アナ雪」等に夢中なプリンセス好きの女の子にプレゼントしたら喜ぶかなぁ。
 
ここで令和コソコソ話…
圧倒的にブルーが好きだったKさん。
善逸さんの影響で最近はなぜか黄色に惹かれるそうですよ😅
 
黒のタートルセーターにつけたい!

やっと4つ

2021年2月6日(土) ブログ
attachment00_2220.jpg

いくら楽しいとはいえ、布の色や柄をあちこちから選びながらの作業…時間かかっています😰
 
なのでやっと4つできました。
4分の1かー。
 
でも、今朝もわざわざ伊丹市から お孫さんに手作りでプレゼントするバッグやグッズ用の生地をたくさん買いに来て下さったり、この状況の中、しばらくお目にかかれていない方、お二人から
「作りたい❣️」
意思表明を偶然いただき、

「前へ 前へ 進め」そうです😅

« 前ページへ次ページへ »