秋野不矩さん

2019年8月9日(金) ブログ
attachment00_1806.jpg

日本画家 秋野不矩さんを知ったのは「湖の画家三橋節子」さんの“師”としてでした。 
女性でありながら骨太。
インドの大地や建物、人物を主題とした雄大かつヒューマンな表現の新しい日本画を制作した人で、彼女の影響で節子さんもインドにスケッチ旅行した事等…
 
そんな秋野不矩さんの息子さんが絵本画家であり、その上すぐ近くの上郡町に住まわれていたとは最近知ったことです。
 
ここ数年、
(そっか。新幹線プラスレンタカーなら運転手であるつれあいの負担も少し軽いかな)
と、夏の信州行きを実行していましたが、今年は少しだけ近場にすることにしました。
 
そこで静岡県は浜松市にある[秋野不矩美術館]行きの計画をつれあいが立ててくれました。
 
JR浜松駅から車で45分くらい。
ヘアピンカーブみたいに曲がる雄大な天竜川のすぐそばの丘に建つ美術館は予想以上に素晴らしい建物でした。
 
市の施設なので職員の方もたくさんおられるし…。
昔、京都市美術館での[創画会展]で不矩さんのタブローを観たことはあったものの、静かで、画風に合わせた内装の壁に掛かった作品は圧倒的な魅力に溢れたものでした。
 
絵や建物の素晴らしさに感動する一方、去年訪れた丸木美術館の事を想ってしまいました。
 
もちろん秋野不矩さんの絵は素晴らしい。
彼女の視線は若い頃から一貫して
「時代に生きる貧しい庶民の生活に眼を向ける」
画家であられたのだし…。
 
でも、一方で「原爆の図」を展示した丸木美術館は市の運営でも国の運営でもなく、有志の寄付でなんとかまかなわれている、という現実。
 
生きておられたならきっと不矩さんだって同じことを想われたのでは?なんて想像しますが。
 
8月9日。
今日は長崎に核兵器が落とされた日。
 

夏はやっぱり絵本

2019年8月6日(火) ブログ
attachment00_1805.jpg

今日は窓拭きをしてもらっていよいよ明日から12日間の夏休みをいただきます。(8月7日から18日まで) 
もちろんお墓参り、普段出来ていない所の大掃除等あるものの、この機会に…と行きたい所もあります。
 
去年は埼玉県東松山市にある丸木美術館に[原爆の図]を観に行ったのでした。
 
今年はもっと近くですが幾つかの美術館にお邪魔したいと思っています。
 
今日もKさんやOさんと
「やっぱり絵本はイイ❣️元気出る❗️」
という話をしました。
 
夏休みに開催される絵本の原画展もいろいろありますね。
 
伊丹市立美術館では
「アルプスが生んだ絵本画家 エルンスト・クライドルフ展」
 
西宮市大谷記念美術館では
「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
 
そして芦屋市にある[風文庫]さんでは神戸の絵本出版社[出版ワークス]による【夏の絵本マルシェ】
絵本原画展ではなく、いろいろな絵本が並ぶようです。
 
どれも行きたい‼️
 
 

テラコッタの床

2019年8月5日(月) ブログ
attachment00_1804.jpg

半年に一度の、お店の大掃除。今日は床掃除です。
 
「新しく建てた!」
と、思っているのにこちらのショップや[カフェ・リーヴル ディ マージュ]ももう12年も経つのですね。
 
憧れのテラコッタの床、渋ピンクやベージュのタイルがやはり汚れます。
 
私とは違ってスポーツマン、頼り甲斐のあるスタッフOさんを中心にデッキブラシでゴシゴシやってもらいます。
 
か細くて心配なスタッフNさんも元気いっぱい頑張ってくれて、おかげで床は
(サッパリ❣️)
ってなりましたよ。

夏休み

2019年8月4日(日) ブログ
attachment00_1803.jpg

カフェのカップボードの敷物も出来上がり、今度は白いレースを使ったベビーキルトのリニューアルに取り掛かりました。 
昨日、一度に3つものベビーキルトのキットを買って下さった方がおられてとても感激しましたが、やはり白いベビーキルトを望まれます。
 
大丸で でもそうです。
 
で、ゆう風舎自慢のレースを使ったベビーキルト、[フリルのベビーキルト・ニュー]も[レースとリネンのベビーキルト]もとうとう無くなってしまいました。
 
幸いまだ在庫のあるレースもあるので少し布を替えて作り直すことにしました。
白い物を…って思っておられる方は待っていてくださいね。
 
またまた例年のごとく。
大変、勝手ながらゆう風舎実店舗は夏休みをいただきます。
 
8月7日(水)〜18日(日)まで。
 
少々長めですがお休みさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします😅

カップボード

2019年8月3日(土) ブログ
attachment00_1802.jpg

暑い暑い中。 
近くの施設[若狭野の里]の皆さんがお茶しに来てくださいましたよ。
 
うちの村の役員をして下さっているF君がチーフをしておられるのでときどきお連れ下さるのです。
 
あらかじめお電話があったのでごちゃごちゃした商品棚をどけたり、段差の所に板を渡したり
(やっぱり山本太郎さんはスゴイ)
などと思いながら車椅子が通る通路を確保。
 
ヘルパーさんお2人といらっしゃった利用者さんは女性ばかり。
車椅子の方はお一人でした。
 
皆さん、楽しそうに喋られ、コーヒーにお砂糖もいっぱい入れて…😊
(そっか。元気だから来れるんだなぁ。来れない人の方が多いんだろうなぁ)
と、思ったり。
 
そうそう、今日はNさんにカフェのキッチンのカップボードの敷物を作り替えていただきました。
 
さすが、かっちり美しい手作りバッグが人気のNさん。
ぴったり❣️に作ってくれました(1番上)
 
ただし、やはり時間は少々かかり、2段目は途中です😅

軽井沢では

2019年8月2日(金) ブログ
attachment00_1801.jpg

あんまり暑いので、今日はゆう風舎よりも涼しい所のお知らせ😅 
信州は軽井沢のル ヴァン美術館。
去年も一昨年も、その前の夏も…行ったけど…
今年は行けません。
 
でも、おススメですよ。
 
「ART    EAT    MEET
 
8月の軽井沢  いくらか涼しいです
 
ART  小野雄二作  Optimist
EAT  カフェルヴァンのキッシュランチ
MEET  アトリエルヴァンで北欧イベント開催中             」

ヨット模様

2019年8月1日(木) ブログ
attachment00_1800.jpg

8月に入りました。 
教員だった頃を無理に思い出すと、なるほど夏休みに入ってからもいくらか経ち、夏本番、暑さ本番の頃。
この暑さも仕方ないことですが、それにしても今日はモーレツに暑かったですね。
 
レースや草花やカゴグッズに替わって、絵本図書館入り口はこんな風になっています。
 
以前からあったヨット柄のUSAコットンもこんな風にディスプレイすると又新鮮な感じ。
 
子ども達はこの暑さもヘッチャラなのかなあ😅

acufactumのクッション

2019年7月30日(火) ブログ
attachment00_1799.jpg

いつもキット組みに勤しんでくれているスタッフさん。今日はクッションを縫ってもらいました。
 
気になっていたacufactumのプリント布。
 
グリーン地に妖精と小鳥とラベンダーみたいな花、のプリント。
 
白地に妖精とやっぱり小鳥と草花…
よく見るとこちらは冬?
妖精さんはコートやカーディガン姿。
植物の葉も枯れているし、雪を抱いて重そうにしてる…
 
のふた柄。
ジーっと見つめて、裏布と周りのパイピングを決めて…
 
グリーンの方はやはりブルーグリーンのリネン、パイピングはミントグリーンのローン。
 
白い方は白いリネンとブルーのローン。
 
40センチ角のクッションですが どちらもリネン側には30センチのファスナーをつけてもらいました。
 
フワフワ柔らかめに綿を詰めて…
 
爽やかなクッションの出来上がりです。

準備中

2019年7月29日(月) ブログ
attachment00_1798.jpg

やっぱりかなり時間かかりました。 
図書館の天井近くにグルっと張り巡らせた黒い切り絵等…
やっと片付けて、昨日の日曜日、村の用事も無事済ませ…
 
急に暑さ、来ましたからね、昨日は二人共 かなりグロッキーでしたが、ようやく連れ合いは[夏の絵本図書館]のディスプレイを始めましたよ。
 
今夏の絵本のテーマは
[海、島、船]にまつわる物語。
 
日本のものから外国のものまでたくさん、たくさん楽しめますよ。
 
懐かしい連れ合いの絵も参加です😅
 
木曜日から絵本図書館再開です。
子どもさんも、昔子どもだった方もお気に入りをみつけにいらして下さい。
 

ダニエラさんの絵本

2019年7月27日(土) ブログ
attachment00_1797.jpg

淡い色調、繊細な植物で彩られた妖精さんが素敵なacufactumのプリント生地。 
早速Nさんが 可愛い小さなおサイフを作って来てくれました。
 
私も何か作りたいな、と思いつつ…まだ、です😓
 
この絵を描いたのはDaniela  Drescherさんという女性。
 
たぶんドイツのイラストレーター(何せドイツ語、よく判りません😰)で絵本も出しておられます。
 
と、言うことで2冊ほど、取り寄せてみました。
 
確かに主人公はやはり小さな妖精さん。
ただ、あの草花の…というものにはまだ出会っていません。
やはりテキスタイル用に描くのと、物語絵本にするための絵とは少し違うんだなあ、という印象です。
 

« 前ページへ次ページへ »