埼玉県東松山市

2018年8月9日(木) ブログ
attachment00_1520.jpg

心配していた台風13号。おかげさまで私達の旅には何も影響がなかったのですが、他の地域で被害があったのでしょうか…
 
翁長さんが急逝されたニュースを昨夜聞きつつ、(今日はナガサキの日)と思いつつ、朝6時姫路始発の[のぞみ]で品川まで。
山手線で池袋、そこから初めて乗る東武鉄道の急行で[東松山]下車。
予約していたレンタカーで約10分。
今日の目的地、[原爆の図 丸木美術館]にようやく到着しました。
 
一昨年だったか?
初めて[原爆の図]がアメリカはボストンへ渡る時に雀の涙ほどの募金をしました。
今回も又、絵の保存のために 本当の雀の涙ほどを封筒に入れて持参しました。
そんな風に 本当に連れ合いはここへ来たかったのです。
 
 
細い細い道を曲がってたどり着いた丸木美術館。
 
周辺にはご夫妻が暮らし、制作に没頭していた、趣きのある家屋も点在していました。
 
レンタカーの従業員さんがご存知なかったのがショックでしたが中には数人のお客様。
でも、2階に8点ある4曲2双の屏風になった[原爆の図]を観ている時は私達二人占めでした。
 
なんというか…。
恐ろしい、というより、やはり見事な日本画だと思いました。
観て、やはり一番思い浮かべるのはピカソの[ゲルニカ]。
自分では言えなかった、伝えられるなかった人々の無念の叫びを、
「後世に伝えなくては…」
の強い想いと 考え抜かれ、研ぎ澄まされた画術で表現された大画面…
 
2階にはその部屋と小さな個展をした部屋だけだったので
(やっぱりアウシュビッツとか沖縄のはここには無いのかな?)
と、経路順に下へ降りて行くと色々な個展の部屋を経て、ありました、ありました!
 
[対馬丸][水俣][アウシュビッツ][南京大虐殺]
夫妻が晩年に描かれたであろうそれらの絵の大きいこと、迫力のあること!
びっくりしました。
 
都会からは遠く離れた緑広がる静かな場所に、それでも著名な方々もたくさん訪れています。
そう、吉永小百合さんも、もちろん石牟礼道子さんも…
 
「やっと来れました」
連れ合いの挨拶を最後にこの地を離れ、いざ信州へ。

お盆休み

2018年8月7日(火) ブログ
attachment00_1519.jpg

1月から数えると真半分というわけではないのですが、なんとなくお盆休みまでが「前半」という気がします。 
それでもって2018年の前半は今日で終了(早❗️😰)
誠に勝手ながら明日から18日まで夏のお休みをいただきます。

 
そんな今日。
「寂しく終了…」って訳ではなく、カフェでもどの部屋でも和やかな声が満ちていて、ヨカッタ(^^;;
 
休み明けの19日、20日、21日の三日間は珍しく夏のSaleを開催。
まだまだ需要のあるカラーリネンやレース、その他、雑貨の掘り出し物とか見つけにぜひご来店ください。
 
そしてもちろん休み中でもネットショップの方は受け付けております(^^;;
 

丸木美術館

2018年8月6日(月) ブログ
attachment00_1518.jpg

73回目の「ヒロシマ」の日。 
ふだん、
「どこそこに行きたい!」
と、滅多に言わない連れ合いが
「一生のうちに 一度行きたい」
と、言った丸木美術館。
 
それじゃあ、ちょっとでも若いうちに、っと今年行こう、って思いました。
 
水墨が得意の丸木位里さん。
卓越したデッサン力を持つ俊さん。
 
二人が一生をかけて制作した[原爆の図]15作の他、[アウシュビッツの図]、[沖縄の図]等、他の施設にもいろいろあるらしいのでどのくらいあるのかわかりませんがいよいよ本物を観られる…
 
[原爆の図]の画集はずっと昔から持っていましたが、正直、若い頃は正視することができませんでした。
 
本物となれば胸に迫る迫力は想像できません。
でも、もう、観る年齢になったと思います。
 
埼玉県東松山市、と言う所にある丸木美術館。
ネットで行き方をいろいろ検討し、その後信州に向かう経路を模索し続けて来た連れ合いですが、ここに来て突如「困ったこと」が出現しました。
 
「台風」です。
ウーム、こればっかりは(>_<)
 
もちろん、たとえ今年ダメでも、又挑戦しますが(^^;;
 
最後に本橋成一さんというカメラマンさんの
[ふたりの画家]という写真集の再版記念(2005年)の「あとがき」の文章を少し…
 
「今年は、敗戦60周年を迎える。しかし、世界では相変わらず戦争が頻発し、止む気配がない。
なによりも戦争を放棄したはずの日本も怪しくなってきた。
 
この写真集が出現されて20年が経とうとしている。
しかし、丸木位里、丸木俊のおふたりはもういない。
いまぼくたちは、何を思い、何を考え、何をするべきか。おふたりの作品はそれを語り続けている。
 
戦争が核兵器が、そして原発が、いかにこの地球上で愚行なことか、この写真集からもおふたりの想いにつなげられたらと思う。
 
以下略                                  」

シネマコンサート

2018年8月5日(日) ブログ
attachment00_1517.jpg

もちろん、「夏休みのスペシャル」として楽しみにはしていたのですが、 
毎日暑いし、大人なのでいろんなことに追われているし、社会情勢は心配な事ばかりだし…
 
とりあえず、日が来て
(久しぶりのフェスティバル・ホール、待ち合わせしているIさんを待たせないようにちゃんと行けるかしら)
と出かけてきた昨日の[シネマ・コンサートSTAR WARS ーA New Hope(要するに第1作目)]、、、もう❗️めちゃくちゃ感激、サイコー❗️でした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
[STAR WARS]と言えば、たぶんファンの多くの人がそうだと思うのですが
「 LUCAS FILM」のキラキラのロゴが終わって静かな星空に
「A long time ago in a galaxy far,far away…」
の文字、そして何秒間の静けさ、そして
「バーーン❗️」
と大音響のファンファーレと続くテーマ音楽、何よりもあの瞬間が大好き、
(あー、やっとこれで又あの世界へ連れて行ってもらえる)
というワクワク感は言葉では表せません(^^;;
 
それがフルオーケストラの生演奏で聴ける、もちろん40年ぶりの大画面のスクリーンを観ながら…なんと贅沢で幸せなことでしょうか。
 
息をころして待ちわびていたら、ちゃんと20世紀フォックスのマークの小太鼓のとこから始まったのがユーモラスでした(^^;;
 
暑い夏の満員のフェスティバル・ホール。
夢のような時間でしたよ。
 
願わくば、全作とは言いません、せめて[エピソード5]、[エピソード6]までだけでも同じようにやって〜〜!と…
 
そうそう、始まる前のロビーにはこんな人まで(^^;;
感激です(^^;;
ホントはツーショットだったのですが、あんまりブサイクだったので割愛(^^;;。

夏のがんばり

2018年8月3日(金) ブログ
attachment00_1516.jpg

またまた暑い暑い毎日になってしまいました。 
私もそういう歳の人間ですから
「エアコンをつけるのが当たり前」
とはどうしても思えない方だったので ヘルパーさんや訪問看護をしておられる方達、又はお舅さん、お姑さんの介護をしておられる方達の話…高齢の方達が暑い日でもなかなかエアコンをつけたがらない、というのも解る気がします。
 
でも、そんな事も言ってられない高温の時代になってしまいました(>_<)
 
汗をかいて、しなくちゃいけない事を終えてしまえば、さあ、自分しかいなくてもエアコンをつけて縫い物にも精を出しましょう(^^;;
 
[リネン&レース展]終盤頃に決定したItさんの作品。
2度目の[イップ&ヤネケ]です。
 
かなり大きな作品になる予定で、こんな楽しい場面がたくさん散らばります。
 
真ん中辺りからスタート、こんなに可愛くバッチリ雰囲気を伝えて出来てきましたよ。
 
こんなのを見てると 私も早く大きな作品に取り掛かりたいなあ、と思います。

サンタモニカの風

2018年8月2日(木) ブログ
attachment00_1515.jpg

昨日は兄とつれあいと3人で メリケンパークオリエンタルホテルの[サンタモニカの風]に食事に行きました。
私達兄妹は小柄で食も細く、バイキングはホントに「元が取れない」食事なのですが、この 海に向かって広がる開放的な雰囲気が 夏は特に好きなのです。

私達の子ども時代はまさしく加山雄三全盛期。

京都で暮らしていたので「湘南の海」とかは未知の憧れの風景。

こちらからJRに揺られて神戸に向かうと、明石海峡大橋が見える頃から須磨、垂水まで海が見えます。

居眠りしてる時も多いけれど、昨日のように晴天の夏空の時はイヤホンを装着、しっかり目を見開いて、束の間の「海」を満喫します。
(ところでアイフォン8は私の持っているウォークマンをちょっと超えたかな?と思うような音質(^^;;)

そんな時に何よりの曲がこれ。
スケールの大きいシンフォニー感が広大な海にピッタリ^_^

真っ青な空に 真っ青な海。
白い船までちゃーんと浮かんでた
そんな景色を見てると 大雨や台風やらで地球が物凄いことになっている、なんてことも嘘のように思うくらいに穏やか。

私のアイドルが加山雄三からジュリー、その他諸々を経てマイケルに辿り着き、マイケルから社会への目が大きく開かれる、なんて思いもしなかったあの頃を思いながら…(^^;;

ウェディング・ボード

2018年7月31日(火) ブログ
attachment00_1514.jpg

先日の[リネン&レース展]で美しく且つ大きなウェディング・ボードを出品してくれたKさんの、そのボードがいよいよお披露目される結婚式が迫ってきました。
横浜まで持って行かれます。
きっと招待客の皆さん、びっくりされるのではないかな?

幸せな門出になりますように。

そしてもう一人のKさんも 11月にお嬢さんが晴れの日を迎えられる由、これ又スペシャルなウェディング・ボードを製作中です。

あれ?もう出来ているのでは?

実はこの作品は又別なもの。
前撮りのための、なのかな?
小さなカードの絵を大きくして絵キルトで表現されました。

段々スカートや髪飾りのテクニックは堂にいったものですが、可愛い新郎新婦の顔等もとてもよく出来ています。

2つも作ってもらえるなんて!
Kさんの娘さんならでは❣️ですね😀

ペーパークラフト

2018年7月30日(月) ブログ
attachment00_1513.jpg

ときどきアップリケの女の子のスカートを 布をアイロンで幾つもたたんでプリーツスカートにしたりしますが、それって、「図工教師時代、一緒に「掲示委員会」を受け持っていた若い教育実習生さんが色画用紙で作っていたのを見て感動、それ以来よ」
という話をスタッフOさんにしていたら、絵本図書館でこんな本を見つけました。
 
アメリカ生まれイギリス在住ののGiles Larocheさん作の[こんな家にすんでたら]
 
どのページもどこの国の建物も人も すべて精緻で美しいペーパークラフト、すなわち紙で作ってあります👀
 
よく見るとデコボコのある紙、わりあい厚みのある紙、さまざまな種類の紙が使われ、ぺったりと貼ってあるわけではないので「影」が出来たりしています。
 
布を当てはめて縫っていく絵キルトも楽しいけれど、こんな「紙絵」もホント楽しいだろうな。
 
構図が決まってからの材料探しの楽しさを 勝手に想像してしまいました。
 
でもラロッシュさんはそのことよりも世界にあるいろいろな家についての説明を この本の中で丁寧にしてくれていますよ。

図書館

2018年7月29日(日) ブログ
attachment00_1512.jpg

高速道路での逆走車にも驚かされますが、天気図で見る今回の台風にも少なからずビックリさせられますね。 
ホントにいつもの逆!
 
心配しましたが、まずここら辺りは何事もなく通り過ぎてくれました。
久しぶりに涼しい風を残して…
 
岡山県やら広島県、愛媛県の被災地ではどうだったか?
それがとても思いやられます。
 
7月最後の土日でしたから各地の観光地や花火大会等、とても影響があったと思います。
 
子ども達にとっては夏休みになったばかりの時期でした。
 
さて、[リネン&レース展]が終わった後の絵本図書館はどうなっているか?と言うと…
 
夏休みの夢を育むべく、いろんな国の様子や「旅」をテーマにした絵本が並んでいますよ。
 
テレビのニュースで見かけるように、小さいながら海外旅行や大型アミューズメントパークに連れて行ってもらえる子どもさんばかりでは無いでしょう。
 
そんな時、オススメはやっぱり涼しい図書館😊
 
先日、探したい本があって赤穂市立の図書館を訪れました。
 
もちろん「絵本」に関しては負けてる気はしませんが(国内ものに関しては負けてるかな?)ちょっと違うものを探しに行ったのです。
 
館内にあるギャラリーにはお邪魔したことがあったのですが図書館には初めて。
思っていたより広く、美しく、快適な図書館でした。
 
涼しくしてある空間で 静かにゆっくり本を読む、見る…
そんな幸せを有難いと思うのはいろいろな人生経験を経てきた年齢ならでは、かもしれませんが、子ども達は 実際には行かない昔や未来や外国や違う世界に 想像の羽を広げてほしいな、と老婆心ながらせつに願います。
 
夏休みならでは…
「心の旅行」はどこへでも行けます^_^

着せ替え

2018年7月26日(木) ブログ
attachment00_1511.jpg

リネン&レース展が終わると皆んな夏休みで…と、言うわけでなく、皆さん元気で次の作品に早、取り掛かっておられます💪😄

それも、結構、大作が多くて(^^;;
嬉しい限り。
私もボヤーっとして自分の夏服ばかり作っていられません。
クーラーの助けを借りて秋に向かってエンジンをかけなくっちゃ。

前にもチラッとお話ししましたが、隣町たつの市にあるステキな空間、[Koti]さんで9月19日にワンディ・レッスンをさせていただきます。
(詳しくは又近く、〈お知らせ〉に出させていただきますね)

その課題作品のキットを少しずつ作っています。

「初めて絵キルトに挑戦」と言う方に良いように、と「女の子一人」のアップリケです。

ミソは着ているリバティのワンピース、7種類の中からお好きなものを選んでもらおう、というところ。

お時間と交通の便がある方はご一緒にいかがですか?

Kotiさんはとってもスタイリッシュな空間ですよ。

« 前ページへ次ページへ »