This is London

2018年9月18日(火) ブログ
attachment00_1551.jpg

チェコはプラハ生まれの作家M・Sasek氏描くところの[This is…]シリーズの絵が大好きなのはスタッフOさん。 
[This is NEW YORK]とか[This is PARI S]とか[This is SAN  FRANCISCO]とかある中でパリとさんざん迷ったあげく選んだのはやっぱりロンドン❣️
 
同じイギリスの作家でも この間作られた[ビジータウンシリーズ]のリチャード・スキャリーさんとは又全然違う画風です。
 
細長くデフォルメされた粋な人物が どのページも渋い色彩の中でイキイキと描かれています。
 
(どのページにしようか?)
これまたさんざん迷ったあげく、一つ目は 地下鉄の風景。
赤とグリーンと藍色の色合いがクリーム色のベースに、とても素敵。
 
とってもソックリに出来て来ましたが
「早く目を入れてよ!」
と言う私に
「目はもっと上気分の時でないと」
と言う Oさん。
 
暑いのが苦手なOさんはもう少し涼しくなった頃、気分のよい日に瞳を刺繍するみたいですよ(^^;;

咲き始めました

2018年9月17日(月) ブログ
attachment00_1550.jpg

9月の三連休、皆さまはいかがお過ごしでしょうか? 
仕事の休みの日に、と被災地へボランティアに行かれる方々には本当に頭が下がります。
 
さて、私どもは草刈りや藪蚊に悩まされながらも粛々と仕事をしております。
 
(そろそろかなぁ?)
と、思っていたら、昨日は顔を出してなかったのに今日はとうとう咲き始めましたよ。
真っ赤な彼岸花。
枯れてしまうと、なんとも情けない姿になりますが、咲き始めは本当に鮮やかでキレイ❣️
 
今週の水曜日にはいよいよKotiさんでのワンディ・レッスン。
最終的な準備と「おさらい」をしています。
 
絵キルトは初めて、という方もおられるかなあ。
 
ぜひ、又縫ってみたい、と思ってもらうのが目標です(^^;;

色は違うケド…

2018年9月15日(土) ブログ
attachment00_1549.jpg

世の中には「へぇ〜、そうだったのかぁ」
と 思う話があります。

歴史の中には つら〜い話も多いですが、こんな話はステキです。

パディントンを抑えて「世界で一番有名なクマ」と言われるクマの「プーさん」
英語の表記の本ではよく「Winnie The Pooh」とありますからプーさんのファーストネームは「ウィニー」なんだな、って思っていましたが、本当にウィニーというクマがいたのです。

「ウィニー」の名付け親は2014年にカナダのホワイト・リバーという駅で猟師さんが連れていた子グマ(きっとお母さんは撃たれちゃった…)を買い取った従軍獣医師だったハリー・コールボーンさん。

何か特別なもの、をこの子グマに感じたハリーはしばらくは戦場へ行く途中の旅に連れて行きます。
子グマの賢さは仲間や連隊長にまで受け入れられるなんて、カナダのお国柄でしょうか(^^;;

そして懐かしい故郷「ウィニペグ」にちなんで子グマの名前を「ウィニー」にしたそうです。

さあ、そんな本当のお話を元にした絵本が2016年のコールデコット賞に輝いたこの絵本です。
書いたのはハリー医師のひ孫さん、リンジー・マティックさん。
絵はソフィー・ブラッコールさん。

なんでこのウィニーがプーさんになったか?というと…

いよいよ戦場に馬の獣医師として赴かないといけないハリーはウィニーとの別れを決断、イギリスの動物園に引き取ってもらったそう。

そこへ遊びに来たのがお父さんA・A・ミルンに連れて来てもらったクリストファー・ロビン・ミルン君。

すっかり仲良くなったクリストファー・ロビン君は赤ん坊の時にハロッズで買ってもらった、まだ名前の定まらなかったクマのぬいぐるみに「ウィニー・ザ・プー」という名前をつけたのだそうです。

もっと詳しくはぜひこの絵本で(^^;;

早速…

2018年9月14日(金) ブログ
attachment00_1548.jpg

以前は。映画館に 映画を観に行くのはちょっとした個人イベント?でした。
 
休みの日に、三ノ宮か梅田へ出かけ…。
食事も買い物も兼ねて…
 
なので、「よっぽど観に行きたい映画✨」以外はほとんど見そびれたものです。
 
ところが隣町、赤穂の駅にある[プラット赤穂]の存在に気がついてから
(申し訳ない、長い間ムシしていたのですm(._.)m)
(街へ遊びに行く、のは又の機会にして、とりあえずこの映画、観たい❣️)
と、観に行くようになり、とっても便利です(^^;;
 
ちゃあんと全国公開の日に公開されるし^_^
 
そんな訳で、今日公開の、待っていた映画[プーと大人になった僕]、夜の部に早速行ってまいりました。
 
100エーカーの森とロンドンを行ったり来たり…
 
まだこれからご覧になる方が多いのでなーんにも言いませんが、
まあまあ期待通り、
ディズニーの、いかにもディズニーらしい映画でしたよ。
 
それにしてもぬいぐるみが動いて喋るCGはさすが!見事でした💕

可愛い家

2018年9月13日(木) ブログ
attachment00_1547.jpg

トトロの水彩画風絵キルトが評判だったIsさんが今、挑戦しているのは たかしたかこさんの画集絵本[しあわせ色の風景]からの1ページ。 
この絵本はどのページも夢のような色彩、緻密な絵が美しく 絵キルターの食指が動きます。
 
ただし、どのページの絵も細かくて難しそう(^^;;
そんな中、Isさんが選んだのは真っ青な画面に白い木立とピンク屋根の可愛い家々が描かれた「クリスマスには」という絵。
 
大きめの画面にしたかったので普通のシーチングより、やっぱり麻がいい…
でもこんな色の麻はみつからないし…
 
Isさんは絵の具で全体を塗りました(^^;;
真っ白なリネンに。
なのでとてもきれいな青い画面が出来上がりました。
 
そして比較的に大きな家からアップリケ開始。
原画が小さいのでどんな色で色分けしてあるか?解析がとっても大変(>_<)
どうしても判らない所は想像力をチョイと足して。
 
なんだかステキに可愛い作品になりそうです💕
 
それにしても「たかし たかこ」さんて苗字が「たかし」さんなんですね。
ずーっと旦那様とのコラボ作品だと思っていました(*´꒳`*)

フレンチ・ボタン

2018年9月11日(火) ブログ
attachment00_1546.jpg

今日、入荷した木製の…これは穴のあいたボタンです。 
いかにもフランス🇫🇷って感じのファッションを身につけた、細い細いウェストの女性や可愛い服を着た子ども達。
それからオーレカップやミシン、テディベアなどなど。
 
どれも小さくて薄い…でも硬い木製なので折れにくいとは思います。
 
1つ1つ、正確に色づけしてあるので、
(どうやって作るのかなあ?)
と…不思議🤔
 
一個¥250〜¥550
ちょっとお高いケド、ブローチに、なんかどうかな?って思います(^^;;

ウェディング・ボード

2018年9月10日(月) ブログ
attachment00_1545.jpg

よく降った雨も止んで 爽やかに晴れてきました。家の中に居るより外の方が涼しい…
紫のちっちゃな花もプツプツと咲いてきて(名前、知らない(^^;;)「小さな秋」を感じます。
 
なんて、そんな事を書くのも憚られるような酷い被災が続いています。
 
人間の命の尊さには差が無いはずなのに、人の運命にはどうしても差があるような気がします。
 
どうすることも出来ず、ただ、
「自分の持つ役目を果たす…」
毎回、そう思うしかありません。
 
元気の出ない日、元気づけてくれるような写メが到来。
Kさんからです。
 
11月に挙式される娘さんのために取り掛かっておられたウェディング・ボードがほぼ完成してきました。
 
下絵をちょっとだけ手伝わせていただきましたが、出来上がってきてみると さすがKさん、可憐で豪華なレースやビーズ使いが際立った作品ですね。
 
文字にもビーズが(^^;;(^^;;
Kさんの大好きなネイビーがここかしこに(^^;;
 
Kさんもお嬢さんも今メロメロなのがワンちゃん。
Kさんのお姉さん宅で飼われているナントカ、という難しい名前の…(^^;;
 
そのワンちゃんを加えてほしい、というリクエストでしたが、さすがに上手に出来ていたのでビックリ。
思い入れ、ですねェ。
 
もうすぐ完成、次はリングピローだそうですよ。
 

出ました!35年ぶり

2018年9月8日(土) ブログ
attachment00_1544.jpg

外国の絵本作家にもいろいろな人、画風があって… 
どれも素敵です。
私にはできない大胆なデフォルメ。
突き抜けたような色彩、あるいは渋・可愛い深い色合い…
 
まさに芸術的な絵、文学的な物語を紡ぐ方も。
 
でも!
私は今も昔もジョン・バーニンガムさんが何と言っても好きです。
 
お酒の瓶を片手に持ったヨレヨレの普段着のプロフィール写真同様、肩肘はらない、ユーモアのある、そして(子供っぽい心)をいつまでも忘れないような絵もお話しも(^^;;
 
そんなバーニンガムさんの新作はなんと、35年前に出版され、大好きな絵本[ねえ、どれがいい?]の続編、[またまた ねえ、どれがいい?]☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
訳も同じく まつかわまゆみさん(^^;;
 
表紙を見ただけでニコニコしてしまいます。
男の子がソファーでトラの膝に乗って絵本(1作目の《ねえ、どれがいい?》)を読んでもらっています(^^;;
 
再び この男の子の妄想、例えば
「ふきげんなあかんぼになぐられるのと、アナグマにつきとばされるのと…」
というふうに(このくらいの子にとっては)究極の選択を迫っていくページ…
 
美しい色彩やユーモラスな線描は相変わらずですが、ショージキ、[1]のインパクトは勝ります。
 
でもこんな歳になってこんな続編を出してくれたのは
(やっぱりバーニンガムさんと私は気があうのだ)
と嬉しいのです😆

Kotiギャラリー

2018年9月7日(金) ブログ
attachment00_1543.jpg

今日は午後、Kotiさんへ作品を運んで展示して来ました。
ここからだと車で15分〜20分くらいで行けます。

スタイリッシュなKotiさんのスペースに、ですから出来るだけスッキリと見えるように、と大きさも出来るだけ揃ったもの、シンプルに表現したもの、を持って行きました。

街のギャラリーのようなレールに専用のフックに吊るして…

ゆう風舎でみかける時よりもなぜかスタイリッシュなOkさん(^^;;や、ミナペルホネンのワンピを着こなしたMさんも手伝って下さってあっという間に作業終了。

なんだか見慣れた作品がよそいき顔に見えました(^^;;

11日から観ていただけます。
お近くにお寄りの際はぜひ!

新しいキット、アップしました

2018年9月6日(木) ブログ
attachment00_1542.jpg

ヤレヤレ、大きな台風が…と、思って今朝テレビをつけたら北海道が❗️❗️
信じられないような光景を、映画ではなくテレビニュースで見てしまう昨今…
 
なんで?なんで?と言っても自然の前では人間にはどうしようもないことが…
 
日本全国、なんか元気出ませんよね。
私もです。
 
この際、800億円から6000億円に膨れ上がったというイージスアショアとか、「コンパクト」が謳い文句だったのに3兆円かかりそうな東京オリンピックとか、
そのうちの少しでも復興や支援に回す方が…
と思うのですが。
 
あ、スミマセン、ちょっと遅くなりましたが秋のミニタピスリー・キット、ネットショップにアップしました。
又ご覧ください。

次ページへ »