ゆき

2022年1月21日(金) ブログ

今朝は 辺りが真っ白でした。

1~2㎝積もっていたでしょうか。

特に木々がとってもきれい。

雪国とは違っておかげさまでお昼頃には消えてしまうので 朝日の中、パチリと写しておきました。

そうすると 絵本図書館の入り口にある「雪の絵本」が急に目につきます。

そう言えば、夕べのニュースの中で 雪で遊ぶ子ども達、

「寒くないですか?」

「ゼンゼーン❕たのしい❣」

と答えていましたっけ。

子ども達はゆきが大好きですものね。

雪の降る風景にちなんだこの4冊の絵本も 絵が特別に素晴らしい。

左下の絵本はロシアの戯曲をロシアの画家が描きおろした‥日本のオリジナルの作品だそうです。

ページをめくると、「キャンソン」でしたっけ?ぶくぶく盛り上がった地肌の水彩紙に 水彩絵の具の「滲み」とか「余白」を駆使した美しい絵で 仲良しのクマさんのために「雪の花」を探しに冬の森を行くハリネズミ君の様子が描き出されています。

寒い寒い毎日ですが ここ数日、お一人で絵本図書館でゆっくり絵本を見に、そしてカフェでお茶とケーキというお客様が目立ちます。

コロナ禍は身体は患っていなくても 知らず知らずのうちに気持ちの方が萎えていく‥ということも言われます。

そんな時、ゆう風舎はちょっといいかも‥って(^-^;

一枚仕立て

2022年1月20日(木) ブログ

一年で一番寒い時期なので当たり前なのですが 寒いです(>_<)

もっともっと寒い冬も経験しているはずなのに 年々やっぱり歳のせい・・・冷えが身に沁みます。

とは言っても 昔の人のように辛抱の効かない身、冬の毎日を楽しく過ごせるようちょっとした努力?は惜しみません。

上はけっこう、シークレットインナーと〇〇テックとかで温かいのですが 私の場合、足元、太股を超あったかくしないと仕事に集中できないのですよ。

なのでいっぱいいっぱい重ねています(^-^;

そんな上にも 1枚これをはおったらごまかせる~というウールのワンピースを去年に続き、今年も縫いました。

それほど分厚くはないけれど ちゃんと裏布をつければコートにもなるような温かいウール。

そしてフェルトほどではないけれど目が詰まっているのでバサバサ落ちて来ない事をいいことに鋏で裁ちっぱなし、裏もつけずにダーツも無し、超簡単ソーイングです。

どちらも秋に仕入れ、少し残ったので縫ったのですが やはり反物であるのと 着ているのとではインパクトが違うのですよね?

「その生地、ありますか?」

と聞いていただくと申し訳ない気がするのですが。

中肉のウールは先日のSALEの時にほとんど売れてしまい、今残っているのは 本当にコートにしたいような厚手のウールです。

でもDabidiさんでもなければコートを縫うのは高いハードルです。

(どうしたものかな?そうだ、シンプルで使い勝手の良いバッグを‥)

と思っていたら 今朝、Okさんが赤いウール地、チェックのポケットの素敵なバッグを持って来られていました。

既製品かな?と思ったのですが ちゃんとOkさんの手作り。

やっぱりフェルトっぽい肉厚のウール地を活かして裁ちっぱなしです。

すごーく良いヒントをいただきました(*^^*)

ワンパッチ

2022年1月18日(火) ブログ

昨日も生地屋さんから コットン生地業界のあまり明るくない未来の話を伺い、(なので化学製品を使った簡単に作れる素材等が開発されたり‥)では私の残りそんなに多くない人生は 逆に今までの物を使って 今までの手芸を守りたい、なんてあまのじゃくに思ったり…しました(>_<)

そう思うと Oさんがやっているワンパッチもより一層愛おしく思えます。

ブルーのリバティばかりを使った大作です。

このワンパッチの部分とOさんならではの可愛ユーモラスなシンプル刺繡とアップリケが組み合わされるのですよ。

楽しみです。

「良いものは良い」「想いは継がれる」

信じてやっていきましょう。

六甲・・

2022年1月17日(月) ブログ

27年前のその時はまだ寝ていて 酷い揺れにびっくりして目を覚ましたのですが 今日のその時間はもう起きていました。

朝食の準備をしながらテレビをつけると 映し出されていたのは 27年前のぐちゃぐちゃにつぶれた建物・・・[JR六甲道]の文字が見えます。

そうだったんだ、と改めて思い出しました。

正直、その当時は神戸の中でも 行き慣れた三ノ宮周辺や住んでいた岡本の様子を注視したりしていましたが、ついこの間、たった1週間とはいえ 通った六甲アイランドや[ルーチェ・カルド]のある六甲道のことが 今更ながら胸に迫ります。

ここまで復興するには いろんな人のいろんな苦労、ドラマがあったことでしょう。

頑張っていたのに復興した街を見られず終いの方もおられたかもしれません。

改めて、昨年11月に無事開催できた、嬉しかった思い出をたいせつにしたいと思いました。

可愛いお客様

2022年1月16日(日) ブログ

静かにドアから現れた可愛い姿に 一瞬2年ほどワープしてしまい、

「ウワア!Hちゃん、いらっしゃい❣」

と言ってしまった私。

「ちがう‥」と目に涙まで溜めてフリーズしてしまった・・・そうでした、違いました、弟のI君でした(*_*;

大好きなお姉ちゃんに間違われても よほど自尊心を傷つけられたか?しばらくご機嫌ななめでしたが しばらくするとすっかり回復、その後はショップでも図書館でもカフェでも 可愛いテンション爆上がりでしたよ(*^^*)

お母さんが静かに話す人だと 子供はこんなにのびのび沢山おしゃべりするようになるのかなあ?といつもYさんの子育てには感心してしまいます。

最後は ケーキもみかん?ジュースも

「おいしい、おいしい」

と言ってくれましたし、

「帰らない」

と言ってくれていましたよ。ホッ(;^ω^)

ごちそう

2022年1月15日(土) ブログ

先日見せていただいた写真、スタッフOさんのおつれあいの実家でのお正月の食卓が忘れられません。

座卓?を何台も連ね、お節料理の他にも、いろんなオードブル、お刺身、ローストビーフ…

お義姉さんもとてもお料理好きだとか…

Oさんはとっても良いところへお嫁にいったのですね(^-^;

昔、我が親戚の新年会を思い出しました。

母が6人姉弟だったもので とても賑やか、カルタあり、歌あり、トランプあり、子供心にも毎年本当に楽しかったのですが 今はどこかのお料理屋さんに食べに行くだけになってしまいましたが。

それもコロナ禍で2年、お休みです・・・。

でも、「ご馳走」と言えば、何年か前、絵キルトで思いっきり縫ったのですよ。

和食も洋食もケーキもパフェも…

とても楽しかったので お料理に勤しんでおられた皆さんも記念に作っておかれたらいいかも。

少々、汚れてはきましたが ずーっと残りますよ(*^^*)

トラの絵本

2022年1月14日(金) ブログ

絵本図書館の新春を飾るのは[トラとトラの仲間の絵本展]。

干支にもあるのですから どちらかというと東洋的なイメージのトラですが 絵本に登場するのは 怖くなくってユーモラスなトラが多いですね。

でも「トラ」と聞いて私がどうしてもイメージしてしまうのは 美味しそうな大量のバターだったりします。

私の小さい頃には「差別的である‥」とも気づかず、とても有名だった そう、あのお話です。

もちろん、問題にされるのは日本語の題名なのですから 内容はとっても面白い(トラには気の毒ですが)想像力豊かなファンタジー。

怖いトラがバターになって、お母さんがそれでドーナツを作ってくれるなんて‥何度読んでも楽しい絵本でした。

さて、ここに並んでいるのも とってもユーモラスなお話。

[おちゃのじかんにきたトラ]はかなりクラシックな有名絵本だし、[チュチュをきたトラ]は比較的新しい絵本。

どちらも 大きくて恐ろしいイメージのあるトラだからこそのイメージの逆転、子ども達が大好きになりそうな絵本です。

子どもだけでなく、私は大人になってから読みましたが、今でも

「お茶の時間だ‥」

と思うたびに(トラが来たらどうしよう)と、ふと思ってしまう、とんでもない展開のお話です。

お母さんはもちろんですが、特に(とんでもない展開)になった後の、ソフィーのお父さんの言動の素晴らしいこと!(^^)!

かんたんレッスンバック

2022年1月13日(木) ブログ

去年、もう新入生グッズの季節が終わった頃入ってきた綿麻生地。

3色共とっても可愛いし、(来年こそは)と思っていたので さっそくレッスンバックに仕立てることにしました。

可愛いプリント生地なのでそのまま使いますが そこはそれ‥ちょっとだけ何かしたくなり‥

片面だけ モチーフ通りのくまさん、うさぎさんを大きくアップリケすることにしました。

フェルトなので切りっぱなし、大きい部分は縫い付けましたがちっちゃい部分は布用接着剤で貼ってしまいましたよ。

かんたん、かんたん(^^)

ウール生地を買っておくと

2022年1月11日(火) ブログ

新年初めてゆう風舎を訪れて下さったKさん。

暮れに出来上がったばかり、おニューのワンピース姿です。

これは何年か前に買って下さったシルバーグレーの中肉ウール地。

Kさん手持ちのブラウングレーのフワフワ生地と合わせてシック且つ可憐で温かそうなワンピース。

Kさんのイメージを伝え、Dabidiさんが縫われたものです。

Kさん、とってもお気に入りの「よそいき」なのに最近は感染再爆発で「行く所」が無い状態‥

なので ゆう風舎に着て来てくださったのですよ(^-^;

新春バージョン

2022年1月10日(月) ブログ

2022年の初売り。

たくさんの方に来ていただき、本当に嬉しく思います。

たくさんのお買い物もしていただき、ありがとうございました。

毎年、大阪からこの日を楽しみに来てくださるSさんなんて

「この時のために頑張ってパートやってます!」

なんて冗談を言っておられたのに最近はコロナ禍の影響でそのお仕事もなかなか‥だそう。

それでもいっぱい抱えて帰ってくださいました(≧▽≦)

そんな皆様のために カフェのケーキもちょっとだけお正月バージョン。

熱々の(つもりですが少し冷めてたらごめんなさい)「タルトタタン、バニラアイスクリーム添え」、それが結構濃い味なので 合わせるのはさっぱりした「紅茶のムース」。

スタッフOさんがいつも

「ワンホール、いけます!」

って言ってくれるアレです(^-^;

 

次ページへ »