冬だったり、初夏だったり

2021年8月5日(木) ブログ
attachment00_2352.jpg

こんな状況下でヒヤヒヤですが… 
いよいよこの秋(初冬?)には神戸で[ハイジの世界展]を開催したいと目論んでいます。
 
去年秋は上巻発売に合わせて ここ、ゆう風舎で開いたのですが、あえて京都の友達や明石の元同僚とかには報せてなくて、下巻発売を待っていたのです。
 
またもう少し近くなりましたら詳しくお知らせさせていただきますね。
 
ハイジの絵本原画キルトを始め、キルト仲間さん、スタッフさんにも協力をお願いして…
 
その一つ、大きさを決めたミニキルト、テーマは「ハイジの物語」だったり「アルプス」だったり「スイス」だったり。
 
[リネン&レース展]が終わった今、案外もう手掛け始めた方もおられます。
 
それぞれが決めたものをそれぞれの技法で…
「個性」が何より大切ですものね。
 
Iさんはお得意のモミの木立を 大切に持っていた刺繍入りリネンの上に刺繍糸とビーズで表される由。
この白いドットの刺繍入りリネン、ずいぶん昔のものです。
そっかー、きっと雪が降るのかなあ?
 
うって変わってNさんのは初夏の草原を彩る高山植物のいろいろ。
サックスのリネンに深いグリーンの「蚊帳」のような布の上に、今Nさんが凝っている「花の刺繍」をチクチク進めていかれますよ。

今度はブルーです。

2021年8月3日(火) ブログ
attachment00_2351.jpg

出版ワークスさんが手配して下さって 印刷所から先日、[ハイジ下巻]の「初校」と言うのを送っていただきました。 
特に問題が無ければ8月中に印刷行程が始まるのだと思います。
 
下巻の表紙はブルーのリネン・シャンブレーを使ったキルトで、タイトルはクリーム色になりました。
 
この初校というのは一枚一枚は綴じられていなくてバラバラなのですが、ちょっとでも本物気分を味わいたく、裏の白い面に両面テープを貼って綴じました😅
 
そうして…きっと今西さんのスタジオではピアノ演奏や朗読の収録を進めていただいているのだと思います。
そうです、上巻で好評だったピアノ演奏と朗読が下巻でも聴けるようになるのです。
 
そうして…9月にはいよいよ発売。
 
もうすでにAmazonとかでは出ています。
ご予約してくださる方、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

渋色レースの

2021年8月1日(日) ブログ
attachment00_2350.jpg

これも又、ちょっと遅れて届いたレース。 
レース展は終わったけど、秋に向かう季節にはいいのでは?とDabidiさんが「布紹介」のためにブラウスを作って来て下さいました。
 
かなりピッチの密集した、しかもグレー基調の渋色レース。
 
重い印象にならないように うまくカラーリネンと合わせて着やすそうなステキなブラウスに仕上げて下さいました。
 
このレースは両端がスカラップになっているのでスカラップが沢山使えるのだそうです。
 
と、言うわけで 今日来店下さった若い方が早速買って下さいましたよ😅

パネル柄に刺繍

2021年7月31日(土) ブログ
attachment00_2349.jpg

はぁ〜毎日 暑いですね〜🥵
 
はぁ〜
やっと出来ました〜😰
 
[ハイジ]の絵本からとったパネル柄の2作目[ハイジとクララ]
1作目のと違って同じ大きさの場面モチーフが並んでいるので 縫い合わさず、そのままを二柄使って刺繍だけしてタピスリーを作ろうと計画してから…
 
ダラダラとやっていてずいぶん日が経ってしまいました。
 
(刺繍だけなんだからカンタン)
と、思っていたのですが、その刺繍のデザインを考えるのが大変で…
 
手持ちの刺繍の本を参考にしたり、テキトーに刺したり…
 
(刺繍をコツコツ根気よく丁寧に仕上げられる方はホント、凄いな)
と改めて感心しながらの作業でした。
 
でも、出来上がってみると、やっぱり楽しい♪

夜の絵本

2021年7月30日(金) ブログ
attachment00_2348.jpg

[リネン&レース展]の期間中にも「絵本図書館」と思って来て下さった親子連れの方が何人かおられたのですが、作品が並んでいて申し訳なかったです。 
お待たせしました。明日から絵本図書館、再開します。
 
「夏」と言えば、ギラギラ輝く太陽❗️の、反対にお月様やお星さんが輝く、又は輝かない「夜」を主役にしました。
 
そうです。
「夜」の絵本の特集です。
 
もう何年にもなるゆう風舎絵本図書館。
探せば又々、夜に関する絵本、たくさんあるのですね。
 
大好きなアンドレ・ダーハンさんの「お月さま」シリーズや「銀河鉄道の夜」や、トミー・ウンゲラーさんの「3人のどろぼう」
「空がレースにみえるとき」
「よるの森のひみつ」…
 
なんだかワクワクしますね。
私の大好きなお話、新美南吉さんの「手ぶくろを買いに」も、確かに夜のお話。
 
夜なんだか?なんだか、とにかく星空のお話「スター・ウォーズ」関連も沢山ありますよ。
夜のおうちの中の可愛いお話も…
 
どんなにA Iの時代になろうとも、本の質感、重さ、色合い、感触、めくった時の気持ちは子ども達に伝えたいなあ、と思います。

模様替え

2021年7月29日(木) ブログ
attachment00_2347.jpg

暑いし、感染状況は辛いものがあるし… 
でも、元気出さないといけません。
 
ゆう風舎ではなんとか無事に一つのイベントを終えられましたし、片付けも段々と進めています。
 
片付けついでに昨日は久しぶりに部屋の壁面にかける作品を替えました。
 
ここしばらくムヒカさんのいるグリーンのタピスリーをかけていましたが、[IN THE SCHOOL]を久々に。
 
この作品は数年前作りましたが、けっこう大きめです。
人物もいっぱい、です。
 
実は来年の作品展用の作品を頭の中で
(どんなのにしよう〜?)
と そろそろ考え始めているのですが、まだなんとか大きいのが作れるかなー?とか、元気を出すために貼ってみました😅

無事、千秋楽

2021年7月27日(火) ブログ
attachment00_2346.jpg

5週間余り、長期に渡って催した今年の[リネン&レース展]も今日、無事に最終日を終えることが出来ました。 
長期、にしたのはもちろんコロナ感染予防を考えてのこと。
その甲斐あって、密にならず、ゆったりと観ていただけ、ゆっくりとお茶していただけたのではないかな、これと言って問題も起きず…とてもホッとしています。
 
前半は雨続き、後半は猛暑、その上、減ってきたかな?と思った感染者数もまた上昇、こんな出にくい時期に足を運んで下さったすべての皆様に本当にお礼を申し上げます。
 
ありがとうございました😭
 
そして頑張ってくれたスタッフにも感謝の気持ちを伝えたいです。
 
最終日、4時になると必ず駆けつけてくれるIさん始め数人の助っ人さんのおかげで作品やレースはスルスルと片付けられていきました。
 
2年ぶりにレース展が開催できて感無量です。
感謝…

キネマの神様

2021年7月26日(月) ブログ
attachment00_2345.jpg

いよいよ最後なのでネタ明かししなくっちゃ。
と、言ってもゼンゼン大したことではないのですが。

「ジュリーの写真てある?」
と言う、思いがけない、嬉しい声かけがあったのは数ヶ月前。

何を隠そう、私は中学生時代からの大のジュリーファン😅
いまだに捨てられない、美しい写真集やレコードを持っております。

(でも、なんで?)
どうも、[As Time Goes  By]→[時の過ぎゆくままに]繋がりで、[カサブランカ]からジュリーに…💦
そりゃもちろん、[カサブランカ・ダンディ]という歌もあるくらいで。

さて老いたジュリー(失礼)はCovid19で、去年惜しくも命を落とされた志村けんさんの代役で もうすぐ封切りの、山田洋次監督作品[キネマの神様]に出演されます。

原田マハさんの原作、もちろん私も読みました。
つれあいとしては往年の映画から現代の映画に繋げたかったのですね。

でも、ここで又往年の名画に繋がります。
そう、志村けんさんはチャップリンの大ファンだったそうで。

チャップリンも紛れもなく、「時を超えて」いる人ですよね。

そして若きマイケルが尽力したアンセム[We are the World]の録音された1966年、【A&Mレコード】がレコーディングスタジオとしていた所は 以前チャップリンが購入して【チャーリー・チャップリン・スタジオ】という名で映画撮影が行われていた所なのだそうです。

そんな繋がりだったのですよ。
いろいろと…繋がっているものですね。

明日はいよいよ最終日です。

明日は休ませていただきます

2021年7月24日(土) ブログ
attachment00_2344.jpg

いよいよ火曜日まで、明日は第四日曜日で定休日…だからでしょうか?
今日はたくさんの方に来ていただき、ちょっとてんやわんや致しました。
 
ケーキもたくさん召し上がっていただいて嬉しいです。
 
スタート当初の[グレープフルーツのケーキ]と[ココナッツのケーキ]から夏らしく[マンゴーのケーキ]と[アーモンドのケーキ]にバトンタッチ。
 
たま〜にマンゴー・アレルギーの方がおられると申し訳ないのですが、ゆう風舎のマンゴーのケーキも又美味しいのですよ^_^
 
明日はスミマセン、お休みさせていただきます。
又月曜日にお待ちしております。

レアなレース

2021年7月23日(金) ブログ
attachment00_2343.jpg

リネン&レース展もいよいよ来週火曜日でお終い。 
もちろんその後しばらくは お店にリネンもレースも並べておきますが、でも
(こういうの、作ってみよう)
と、インスピレーションを感じて下さるのはやっぱりディスプレイの効果かもしれません。
 
今日はまだご紹介しきれてなかったレースを写してみました。
 
到着した時から
(ステキ❣️)
と惹かれた真っ白なレース。
穴は空いてなくて繊細な刺繍だけのレースです。
もちろん刺繍レースもたくさんいろいろありますが 模様がプツプツ、草花の描き方が素朴且つ洗練されています。
140センチ幅で1メートルしかないのですが、広幅なので充分ブラウスとかに出来ますね。
 
隣にかかっているのはアンティークまでいかない、oldのベージュのレースです。
 
ベージュのレースと言えばこの二つもレア。
左側のは手持ちのレースをさりげなく組み合わせて作られたChさんのテーブルランナーです。
 
荒目のレースを透けた生成りリネンに重ねて縫い付けてあります。
 
その横は…どなたが作られたのでしょうか?
やっぱりヨーロッパの少し昔のどなたか…
さほど大きくないボイル地に 野の花が向かい合うように繊細なアップリケと刺繍で描かれています。
 
ものすご〜く細かい針目です。

次ページへ »