スモーキーチェック&ドット

2020年1月26日(日) ブログ
attachment00_1935.jpg

新しい生地が入ると、Dabidiさんが気を利かせて「何か縫ってきます」
と、言って下さいます。
 
反物のままではなかなか生地の良さや特徴がお客様に見えにくいからです。
 
バッグにしてこそ、
服にしてこそ、
生地の特徴が判る、というものもよくありますよね。
 
先日入ったこの生地は普通にシャーティングなのですが 色がなかなかオシャレなスモーキーグリーンブルー。
縦に幅27センチずつ、タータンチェック風のチェックとドット模様に分かれています。
 
なのでカットクロスにすると チェックかドットのどちらかに分かれますがギャザースカートにするとこんなにステキです。
1.6mで出来ました。
 
同じ模様でピンクバージョンもありますよ。

ハイジ

2020年1月25日(土) ブログ
attachment00_1934.jpg

この家を建てる時に私からのリクエスト。それはキッチンやお風呂は真っ白。
それから寝室は屋根裏部屋で天窓を…。
 
子どもの時に読んだ[ハイジ]
ハイジとクララが藁を積んだベッドに並んで寝て、天窓からお星様を見ながら…
というのがずっと心に残っていたからです。
 
とはいえ、実際は お月様の周期によって、まるでスポットライトのように照らされ、その光から逃げ回らないと眠れない、窓ガラスが拭きづらい…とか かなり問題あり、ではありましたが…
 
おととしの夏、知り合いの出版社の方から
「絵キルトで絵本を作りませんか?」
というお話をいただいたのです。
 
「名作絵本から…」
というリクエストでした。
 
胸を膨らませながら
(名作、名作、何がいいかなぁ〜?)
 
初めは本当に困りました。
出版社の方にもいくつか挙げてもらったり…。
図書館に行ってみたり…
 
困った、困った…そんなある日、フっと心に降りてきたのが 昔馴染みの「ハイジ」だったのです。
 
決定してからは 32ページの絵を考えるためにいろいろな方の翻訳を読んだりスイスの事を調べたり…。
 
ハイジの原作はけっこう長いので2巻に分ける事になりました。
 
苦しんで描き、楽しんでチクチク縫いました。
 
そんな第1巻が今年発売されます。
 
今は第2巻を制作中。
途中経過も含め、これから少しずつご紹介していきますね。

えんとつも

2020年1月24日(金) ブログ
attachment00_1933.jpg

12月に新築のお家に引っ越されたKさん。薪ストーブがある居間…
ホカホカしてゆったりして素敵でしょうね…

でも働きもののKさんはなかなかそのソファでゆっくりする時間もないかも。

さてさてこの煙突はストーブのものではありません。

パン焼き釜の後ろ側です。

Tさんのドールハウス、オレンジやブラウンのウール生地による屋根瓦が貼られつつあり、煉瓦の煙突もつきつつあり、ドアもお洒落なグリーンに塗られ、ずいぶん雰囲気が出てきました。

中の棚とかはまだ厚紙による模型です。

一旦 並べてみて
「けっこう場所とるなあ」
と思案中😌の彼女。

ルーチェ・カルド

2020年1月23日(木) ブログ
attachment00_1932.jpg

お知り合いの息子さん兄弟が1月にJR六甲道駅近くにイタリアンのお店を開店。 
昨日、高校時代の友人とランチの約束があったので
(ちょうどイイナ❣️)
とばかり伺いました。
 
11時の開店と同時にドアを開けるとにこやかに迎えてくれるのは「イタリアン」とか「ピッツァリア」のイメージとは(スミマセン、太い腕とでっぷり二重顎のイタリアーノを思い浮かべてしまって…)かなり違う細っそりスマートならイケメンお二人…
 
でもそのお二人から作られるランチメニューの美味しいこと!確かなこと!
 
特注の石窯で焼かれたピザは生地はもちろん、自家製の厚切りベーコンや淡路島からの名前のついたブランド玉ねぎがとても美味。
 
ランチについているデザートはジェラートですがプラスαでティラミス等のケーキにもしてもらえます。
これが又、脳内に?染み渡るような美味しさ😅
 
そして最後のお楽しみは 大丸の[カフェラ]で鍛えたラテアート付きのラテ。
 
ランチメニューだけでなく、本格的なイタリアンのメニュー、アルコール類も充実で夜はワインを飲みながらのご馳走が…
 
Luce caldo
 
インスタグラムでも見られますのでよかったらぜひ…

笑顔

2020年1月21日(火) ブログ
attachment00_1931.jpg

春節でしょうか? 
日本観光の目的地にゆう風舎を加えて下さったCさんご一家。
 
台湾からのお客様です。
 
奥様は「自分で勉強しました」と、日本語を話されます。
後でお聞きするとスタッフOさん、Tさんと同い年😊
 
私の本もお持ちで、子どもさんのリクエストかな?たくさんのぬいぐるみやランチサックのキットを買って帰って下さいました。
 
3人ともニコニコ笑顔が素敵なのですが、私が特に感動したのは…
 
奥様と私が話している時、ふと見ると旦那様は本当に良い笑顔を向けてくださっていて…
 
確かに「漢民族」の慣習でしょうか?
人懐っこい笑顔の方をよくお見かけしますがCさんの素朴な温かい「ニコニコ」を見ていると、日本の男性はやっぱり照れ屋が多いのか?
なーんて比べてしまいました😅
 
今日は神戸に泊まられるとか。
どうぞ楽しい休暇になりますように…

家族のイラスト

2020年1月20日(月) ブログ
attachment00_1930.jpg

退職した明石の高丘東小学校は明石の中心市街地から少し離れていたからかな? 
当時は若い先生が多く、自由闊達な雰囲気でとても楽しい校風でした。
 
特にベテランの先生方に見守られ、20代の若い教師達がのびのびさせてもらっていたように思います。
 
私が赴任した時は産休中だったのと、その後すぐに転任していかれたので正味、1年くらいしか同僚ではなかったのに、明るく、豪快?な美人教師だったMさんとは話し易い間柄でした。
 
自身も「オーリング」という健康理念に傾倒し、早くに退職して自宅の蔵を改装して自営を始められたのも一つの要因かもしれません。
 
ゆう風舎の創業時には来ていただいたのですが、最近は年賀状のやりとりだけになっていたのですが…
 
そんな彼女が何年ぶりでしょうか?
今日、お仕事仲間の方と二人、来てくれました。
 
お姑さんが亡くなり、賀状ではなく寒中見舞いのハガキに
「高原さん、一度行きたいと思っています。近々実現します😊」
と書いてあったのが早速!でした。
 
相変わらず美しくパワフルな彼女。
縫い物はされないので、私の作品にやたら感心したり、ケーキも最高の賛辞を連発してくれたのですが、彼女も仕事の才覚の他に以前からちょこちょこっと描くイラストが得意。
 
ずーっと何十年も年賀状で家族のコメント入りのイラストを😅
 
真ん中に描かれている、これまたパワフルそうなお姑さんが去年亡くなられたのですね。
横に描いたご本人のコメント
「『気の強い嫁』と思われ続け36年。でも結構仲良くやってきた。ばあちゃんの子守のおかげで仕事に全力投球できた。感謝!」
って書いてありました😊
 
 

ミニチュア

2020年1月19日(日) ブログ
attachment00_1929.jpg

今朝、1月8日に放映された[BS世界のドキュメンタリー「ミニチュアの魅惑」]の録画を観ました。 
ドールハウスの歴史と言っても ロンドンのビクトリア&アルバート美術館の分館「V&A 子ども博物館」のゴージャスなものしか知らなかったのですが、なんのその。
世界には本当にビックリするような素晴らしいミニチュアの施設があるのですね。
 
そして石器時代?人類が洞穴に住んでいた時のものと思われる石細工のミニチュアの動物も発見されていていかにも可愛いです。
 
そしてドイツのジオラマ❗️❗️
兄弟が作り始めた鉄道模型や町がどんどん発展し、コンピュータ制御でいろんな鉄道は動くは、飛行機まで飛び立つは!
 
あんなとこに行きたいです。
 
そして私達も訪れた事のあるボートンザウォーターにあるミニチュアの村。
そういうのが 実はブームに乗って以前はイギリス中にあったとか…
 
後、びっくりするくらい本物そっくりに精巧な家具でも道具でもパーツから手作りするアメリカの男性とか、
ミニチュアによる「ごっこ遊び」は子どもの頭や心身の成長に貢献する、とか、
 
決して「無駄な趣味」ではない事が確信できてとっても嬉しい番組でした。
 
Tさんは観たかな?
又BDにおとして観せてあげよう😅

新しいレッスンバッグキット、アップし ました

2020年1月18日(土) ブログ
attachment00_1928.jpg

先日、有輪さんやちゅうこうさんで注文してきた反物が届きました。 
ほんの少しですが、やっぱりとても「春」を感じますよ。
 
そんな中、やっぱりお孫さんのレッスンバッグやキュロットを作ってあげようと生地さがしに来て下さるのは嬉しいことです。
 
大丸でもレッスンバッグの需要が多いこの時期、大急ぎで新作3種類を今日発送しました。
お近くの方はぜひお立ち寄り下さいね。
 
ネットショップにもそのうちの二つをアップしました。
 
爽やかなブルーのツイルという生地のギンガムチェックを土台にしました。

25年…

2020年1月17日(金) ブログ
attachment00_1927.jpg

久しぶりにチョコレートムースを作りました。 
チョコレート月間?である2月を待てずに😅
 
寒くなるとどういうわけかチョコレートを欲します。
身体が、というより「脳が」って感じです。
チョコレートは元気が出ます😊
 
 
ところで 大好きな神戸があんなことになってから 今日で25年になるのですね。
 
教員を退職して明石を離れ、ゆう風舎を始めて3年目の冬でした。
 
明石の同僚達ももちろん、今のお知り合いの中にも淡路島出身の方、神戸でお住まいの方、たくさんおられ 皆さんそれぞれに大変な経験をされています。
 
「助け合う」その事が改めて認識された日々でした。
正直、私は直接なんにも出来ていませんでした…😓

建築中

2020年1月16日(木) ブログ
attachment00_1926.jpg

お、どこかのパン屋さんの内装がだんだん出来てきました。 
テラコッタの床、煉瓦造りのパン焼き窯…
 
窓から見える景色は…?
なんだか変…
 
そう、もちろんこれは昨年から制作中のTさんのドールハウスのパン屋さん。
 
骨格と内装が出来てきて 今、屋根瓦を制作中。
 
後は中に置くショーケースや棚を作って もうだいぶん出来ている、パンやパン籠や店員さんが並んで…
 
ワクワクしますね😊

次ページへ »