2017 布と糸でつくる夢展

2017年4月1日(土) お知らせ

いよいよ4月。

桜もちらほら・・もうすぐ見ごろを迎えますね。

そして 今年もこのお知らせをする季節になりました。

[布と糸でつくる夢展]

タイトルの通り、布と糸で作る物ならなんでもかまいません。

今年はどんなものが並ぶでしょうか?

嬉しいことに「ベビーラッシュ」(^^)

ベビーキルトにスタイにプレイマット・・・

春風をはらむような爽やかなカフェカーテンやバッグ。

それらは暮らしの中で生きる「使うキルト」です。

そして もう一つ・・・絵の具を布や糸やビーズに、絵筆を針に持ち替えての「表現としてのキルト」・・・。

長い間、胸の中に溜めていた創作への意欲をようやく形に出来つつあった一人の方が 今はご家族の介護で思うように針を持てません。

でも、壁にかけた以前の作品を毎日眺めては 妻や娘や母や姉ではない、もう一人の自分と逢っておられるのかな?と推察するようなお話を聞きました。

何かに使える訳ではないのですが 「表現としてのキルト」も又、暮らしの中に根付いていってほしいと 願っています。

今ほど 一人ひとりの「自由で鋭い感性」や「個」の力が大切だと思う時代はありません。

少々肩に力が入ってしまう私ですが もちろん皆様はのんびりゆっくり 爽やかな季節と温かい作品を楽しみにいらしてくださいませ。

2017 4/27(木)~5/9(火) 10:00~16:00(5/3水は休館)

ゆう風舎 絵本図書館

*畏れ入りますが ご入場の際はショップレジにてドリンク券をお買い求めください。

2016 秋の 大丸ワンディ・レッスンのお知らせ

2016年10月13日(木) お知らせ

急に冷え込んできました。

以前より ずっと秋が短くなってしまったような気がします。

なので よけい短い秋を楽しみたいと思います。

温かそうな素材で ちょっとした物を手作りしませんか?

お店へ行けばなんでもある時代。

量販店とか¥100ショップとか行けば 驚くような安価で けっこうシャレた物も売られています。

その、「逆」の物を作ってみました:;)

今回の大丸神戸店でのワンディ・レッスン。

通帳とか ちょっと大切なプリントとか・・

ノートとか 子どもさんの連絡ノートとか・・

溜まってしまうパンフとか・・・

入れておくA4大のペタンとしたケースを作ります。

しっかりしたグレーの先染めコットン生地に映えるリバティのおもちゃ柄のパイピングとカラフルなスケルトン・ファスナーが贅沢です。

そして 裏側には もちろん女の子のアップリケ。

とっておきのリバティプリント、赤い「エロイーズ」のワンピース、グリーンのカーディガンの女の子です。

本と白い猫ちゃんは接着芯を貼って 上から刺繍するだけ(^^V

ちょっとの手間をかけてスペシャルな「マイ・ケース」にして下さい。

そして いつものように わざわざ足を運んでレッスンを受けてくださる方へのスペシャル・サービス。

下絵写し済み、アップリケの各パーツ裁断済み、そしてしつけまで!

ぜひ、この機会にご参加ください。

その日は リバティプリントのセールや ほかなんだか楽しい特別ショップも出ているみたいですよ。

「マイ・ケース~リバティプリントのワンピ~」 (23cm×33cm)

2016 10月28日(金) 10:30~16:00(途中お昼休憩あり)

大丸神戸店アネックス7階手芸用品売り場ホビールーム

参加費用 ¥6480(税込み キット代込み)

お申し込み先   078-331-8121(代表) 手芸用品売り場 担当 澤島・井川・小谷

すみません、今日がお申し込み開始日で・・・。

お早めに・・。

10月、[森本 千裕&玉田 由美子ふたり展]のお知らせ

2016年9月6日(火) お知らせ
attachment00_959.jpg

ちょうど1カ月後。
秋たけなわ、涼しい風が吹く頃、森本千裕さんと玉田由美子さんの作品を一堂に集め、[ふたり展]を開催します。

サブタイトルは
「ドレス&スモールWORKS」

元々、高級プレタポルテの仕立てで腕を磨き、やがてリフォーム専門店の店長として 常に洋裁に関わってきた森本さんの作り出す、丁寧な縫製、繊細でラブリーな手仕事を施した独特のデザインの洋服たち。

森本さんの元でリフォームや縫い物を始め、めきめき頭角を現した上に、絵キルトやバッグ作りに独特の世界を構築してきた玉田さん。
最近は その器用な手仕事で作り出す、身近な雰囲気、親近感と夢が同居したドールハウスが評判です。

どちらもミシンと手縫いを駆使した細やかな仕事が目を引きます。

離れて眺めたり、間近で観察したり…

きっと楽しい刺激になること請け合いです。

森本さんの洋服は 展示用作品としてのものの他に展示即売できるものもありますので そんな楽しみもご一緒に ぜひお出かけ下さいね。

2016 10/6(木)~11(火)  10:00~16:00

ゆう風舎絵本図書館

*畏れ入りますが ご入場の際は ドリンク券を御購入くださいませ。

2016  リネン&レース展

2016年6月20日(月) お知らせ

暑い暑い、辛い夏が来る前に 今年もリネンとレースの爽やかな力を借りて 「夏ならではの喜び」を 表現してみようと頑張っています。

いつものように あるテーマに沿って リネンとレースを「材料」として使った絵キルトや創作カフェカーテンのようなものと、テーマとは関係ないけど この時期ぜひ取り入れたい涼しげで爽やかなリネンやレースを使った洋服やクッション等のグッズが勢ぞろいです。

ちなみに今年のテーマは「光・・・」です。

光ある方向へ向かいたい、という願いを込めています。

人それぞれ、毎日の生活で感じておられることは違うと思うのですが 私は正直、今の世の中は(暗い)と感じています。

映画[STAR WARS]で言えば、「ダークサイド」が勢力を増やし、覆いかぶさってきている感じです。

私が子どもの頃から大人になるまでは戦後の日本や世界各国も「みんなが仲良く協力し合ってだんだん良い世の中になっていく」と信じて疑わなかったのです。

ところが ふと気がつくと、私の感じるかぎりではその反対の方向へ向かっているような・・・。

楽しい、大好きなもの作りをしながらも 心の中は落ち着かない毎日を送っているもので・・・テーマはそれ以外には思いつかなかったのです。

一人ひとりの気持ちと持っている力を集めてなんとか「光ある世界へ」と・・・。

でもでも 哀しいかな、そんな思想的、芸術的な作品は出来ませんでしたよ(><)

でも 日常でみつける小さな光に気づく・・・ということから始めようと思いました。

「こんな光も・・ここにもそうか、光っているんだな・・・」って感じです(^^;

特に「自然の光」は 動植物を育て、人の心を明るくしてくれたり。

暗闇の中で見つける「人口の光」だってなくてはならないもの、ほっとするものですね。(過剰は ちょっと、ね・・)

そして 今年はブルー系を中心に、「さらっと着たら涼しいだろうな」という上質なリネンをいくつか集めました。

出品作品を参考にされるもよし、お手持ちのソーイング本をかかえながらもよし、ぜひお気に入りをみつけにいらしてくださいね。

2016  6/27(月)~7/19(火) (毎週水曜日と第2日曜日《7/10》は休み)

10:00~16:00(カフェ、ショップは17:00まで)

ゆう風舎絵本図書館にて

※畏れ入りますが ご入場の際はドリンク券をご購入ください。

2016 初夏のワンディ・レッスン(大丸神戸店)

2016年5月12日(木) お知らせ

昨年秋は BUNKAMURA作品展で勝手したため、1年ぶりのワンディ・レッスンです。

季節的にも大好きなこの時期、神戸元町で皆様と 楽しい時間を過ごせることを とても嬉しく思います。

ゆう風舎では 毎年6月末くらいからリネンとレースを使った作品や材料を集めて楽しんでいるのですが 今回は一足早く、そんなリネンとレースで課題作品を作ってみました。

それも 原点に戻って 素朴な荒目生成りリネンに真っ白なレースで いつもの憧れ、少女とお花を作りました。

お花は ひまわり。そうです、真っ白なレースで作った「白いひまわり」

3本ともちがうレースを使いましたよ。

と、言っても2本の花びらは同じレース。

労せず、ひまわりの花びららしくなるこのレースを発見した時は かなり嬉しかったのです。

いつもの細かいアップリケはちょっとお休み・・・。ぐ~んと大きくアップリケ(^^)

そのままミニタピスリーとして 飾っていただくもよし、私はそのまま大きなポケットとして お揃いのリネン、裏布ネイビーのコードレーンを使ってトートバッグにしました。

もし、レッスンを受けてみようか、と思われる方、今回はいつものコミュニティールームが何かでダメで 少し定員が少ないようですので お早めにお申し込み下さいね。

あわせて、5月25日(水)~6月7日(火)の2週間、手芸用品売り場内のイベントスペースで ゆう風舎の期間限定ショップを開いていただきます。

普段のコーナーより 豊富なアイテム、キット、生地等を並べますので ぜひお立ち寄り下さいませ。

レッスンのご案内

内容  アップリケパーツ  「ひまわり」

日時  5月27日(金)10:30~16:00(15:30?昼食休憩あり)

場所  大丸神戸店7階アネックス 手芸用品売り場ホビールーム

参加費 ¥4968(税込み)(パーツキット¥2808+参加費¥2160)

※バッグキットは別売り

お申し込み  078-331-8121(担当 澤島、井川)

2016 布と糸でつくる夢展

2016年4月4日(月) お知らせ

おかげさまで もう24回目を数えます。

今年も 春がやってきて、絵本図書館に 皆の「手しごと」の労作、苦心作?を並べる準備をしています。

一度も休まなかった・・それはちいさな誇りでもありますが、いろんな面で恵まれたこと、作品を作り続けてくれる人、そして観に来てくださる方がおられること、つくづく感謝の気持ちです。

なので 今年もきっと観にいらしてくださいね。

今年も個性いろいろ、多彩な作品が並びます。

「私もやってみたい・・・」ご両親の介護を終えて 自分のための時間の一部で絵キルト作りをスタートさせた方。

その年、その年でテーマを決め、課題を持って作品づくりをするベテラン。

素敵な絵本の1ページに出逢った喜びを そのまま布と糸で表現しようと 一生懸命取り組んだ方。

もちろん今年もタピストリー以外にも、バッグやクッション、ぬいぐるみ、ドレス、そして楽しいドールハウスなんていうのもありますよ。

私自身のは?というと 懸案だったメリーゴーランド。二度目の挑戦です。

今回は グレイッシュな初冬の公園内。

薄暗さの中に そこだけキラキラ、ギーコギーコ、光輝いて子どもたちの歓声が聞こえるメリーゴーランドです。

「不安な世界の中に希望を・・」って感じでしょうか^^;

「隠れマイケル」「隠れBB-8」「隠れマクオ(おっと、マクオ作るのまだだった!)」を ぜひ探しにいらしてくださいね。

ゆう風舎絵本図書館にて

2016 4/28(木)~5/10(火) ※5/4(水)は定休日

A.M10:00~P.M4:00 (カフェ、ショップはP.M5:00まで)

※畏れ入りますが ショップのレジにてドリンク券をお買い求めくださいませ

クリスマスしかけ絵本展 2015

2015年11月14日(土) お知らせ

ひろがる絵本 とび出す絵本 クリスマスしかけ絵本展

今年ももうあとわずか・・・つい寂しく思う心を 視覚的に 心情的に そして音楽的に弾ませ和ませ元気づけてくれる・・・

私にとってクリスマスはそんなものであり、訳もなく 心躍ってしまうものなのです。

幾つになっても、幾つになっても・・・・。

でも、どうもそう思う大人は 私だけではないようですよ。

だって、今年も国内国外を問わず、人気の絵本作家さんの新作や名作のクリスマス絵本が よりいっそう気分を盛り上げてくれるスペシャルなしかけ絵本として出版されています。

たとえば 有名なレイモンド・ブリッグスさんの[スノー・マン]

今回のは[スノードッグとスノーマン]

そんな「犬」がいたなんて知らなかったなあ。

スヌーピーでおなじみの[PEANUTS]もクリスマスにちなんだしかけ絵本に。

日本のコロボックルさんも素敵な絵本やカードをだしておられます。

特に近年の特徴は

とっても繊細な切り絵細工を施したポップアップ絵本。

クラシックな[くるみわり人形]は作家たちの腕のふるいどころなんですね。

ジャン・ピエンコフスキーさんは白い切り絵

ニルート・プタピハットさんは黒の切り絵風。

エレーヌ・ドウルヴェールさんはいろいろな優しい色合いの紙で・・・。

まさしく大人のためのプレゼント、って感じです。

部屋に飾りは何にもなくっても そっとその本のお気に入りのページを開けて窓辺に置いておくだけで 静かなイブが訪れそうな・・・・。

そういえば 毎年1冊・・御自分のために買っていかれる方がおられたっけ・・・

今年はどれを選ばれるのかな?

小さな子どもさんたちにプレゼントされるのにぴったりな「あなあきしかけ絵本」もさまざまな楽しいものが揃っていますよ。

街の小さな本屋さんが 大型書店に吸収されていく哀しい時代・・。

ゆう風舎絵本図書館は街の本屋さんでさえないのですが、こんなにクリスマス絵本が揃っている所も珍しいのでは?って ちょっぴり自負したり(^^;

ぜひお出かけください。

2015 11/12(木)~12/22(火) 10:00~16:00

毎週(水)、第2日曜は休み

ゆう風舎絵本図書館に

*ご入場の際はドリンク券をお求めください

高原ゆかりStoryQuilt展 Bunkamura

2015年10月4日(日) お知らせ

関東での初の個展をさせていただいてから2年・・・。

再び、同じく東急文化村のBox Galleryにて 作品展を開催させていただくことになりました。

今回は9月に出版された[高原ゆかりのアップリケ絵本 わたしは仕立屋さん](主婦と生活社)の新刊記念です。

本を もう御覧になって下さった方にも まだご存知ない方にも楽しんでいただけますように 多岐に渡った作品を持ち込みます(^^)

まずはアップリケ絵本[わたしは仕立て屋さん]の10枚の原画、ならぬ原作品。

プロローグになった作品。

絵本に登場する、ぬいぐるみやおもちゃやバッグ等の立体作品。

秋をテーマにした絵キルトのタピスリー。

クリスマスを彩るさまざまな作品。

そしてアップリケ絵本にも登場する木製のドールハウス。

加えてオリジナルのプリント布とそれを使った作品も。(会場ではプリント生地の販売も致します。)

2年前にも 暑い中、わざわざ足を運んで下さったさまざまな方たちとの 嬉しい貴重な出会いがありました。

この度も お越し下さった方が(来てよかった・・)と少しでも思っていただけるような作品展にしたいと願っています。

もちろん私は毎日おります(^^)

お忙しい中とは存じますが、万障繰り合わせていただいて どうぞ会場へおいで下さいますようにお願いいたします。

2015.10.23(金)~29(木) 10:00~19.30(最終日は17:00まで)

Bunkamura Box Gallery

東京都渋谷区道玄坂2-24-1(東急百貨店本店横)03-3447-9174

詳しくはhttp://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_151023quilt.html

小林由美子キルト展

2015年8月25日(火) お知らせ

善き日へのオマージュを縫う

いつも 背筋がピン!と伸びている小林さんの縫い上げる作品たちからもやはりそんな感じを受けます。

自分への厳しさかな?

妥協を許さず、納得がいくまで何度もほどいては縫い直す彼女の傍らで(あ~もったいない)と見ている私・・・。

人生の先輩でもある彼女から教わることは 多々あります。

そうして、出来上がった作品を見て、その苦心惨憺の結果に(なるほど!)と感動したりします。

などと 書くと「小林さんて どんなに厳しい人?怖い人?」って思われるかもしれませんね。

それが・・・真逆なんですよ(^^)、、

優しくて よく笑い明るくって・・・。

「人に優しく、自分に厳しい・・・」人なんですね。

写真のように、ターシャ・チューダーに題材をとった作品は圧巻ですが、優しい花柄をいっぱい使ったパッチワークキルトのベッドカバーや、トラプントを施した「ブチ」等、キルトの醍醐味と言える作品もいっぱい。

そしてキルトに留まらず、得意な編み物の腕を活かした見事なレース編みの作品や新しく挑戦したキャンドルウィックの作品、使い勝手のよいバッグ等、たくさんの作品が並びます。

ちなみにミシンは不得意だと言う彼女の作品は どんなに細かくてもどんなに長い距離でも 全て手縫いです。

夏を乗り越え、ようやくいろいろなものに挑戦したくなる秋を迎える日々・・・

ぜひ、心のピクニックをしに、足を運んでくださいね。

2015.9/24(木)~29(火)

10:00~16:00

ゆう風舎絵本図書館

*畏れ入りますがご入場の際はドリンク券をお求めください。

2015 リネン&レース展

2015年6月22日(月) お知らせ

今年のリネン&レース展のテーマは「誕生」です。

「〇〇動物園では 赤ちゃん誕生のラッシュです!」とかいうニュース画像に目がなかったり、ぷくぷくふっくら柔らかい手足やほっぺの赤ちゃん大好きな私には 誕生というと つい「ベビー」を思い浮かべるのですが、誕生といっても人それぞれ思うことは違います。

「生まれ変わる」・・・仏教でいう輪廻を思う人もいれば、「地球の誕生」、「人類の誕生」を 思う人も・・・。

日々、成長していく「新しい自分の誕生」に出会えれば 素晴らしいし・・・。

皆様はどんな「誕生」を思い浮かばれるのでしょうね?

さてさて、そんなことになると深くって、とっても役不足ながら、初夏のゆう風舎、「誕生」を思わせる無垢な真っ白なリネンやコットンレース等、たくさん集めて 今年も作品展とセールスを行います。

正直、「最近どこを探してもめっきりレース類が見当たらなくなりました」、複数のお客様から耳にする言葉です。

確かにひところは安価なインド製レース生地や高価なフランス製レース等、展示会にも所狭しと並んでいたのに・・・。

でも、やっぱりコットンレースは素敵だから・・・と必死で集めました。

ほとんど見かけなくなった「絡み織りレース」が少数ながら復活したのも、涼しげなカットボイルの種類が増えたのも嬉しい!(^^)

リネンもブルーを中心に数色、集めてみました。

夏服にぴったりの綿麻生地も。

皆が作った絵キルトやクッションやカーテン、夏服やバッグも並びます。

どうぞ、リフレッシュしに、そして お気に入りの夏素材をみつけに いらしてくださいね。

2015.7/3(金)~7/21(火)  *毎週水曜日と第2日曜日(7/12)は定休日です

10:00~16:00

ゆう風舎絵本図書館にて

*ご入場の際はショップにてドリンク券をお買い求め下さい。

次ページへ »